類似の単語または同義語 websphere

hardware    0.830034

virtuozzo    0.827734

informix    0.818265

irix    0.817865

qnx    0.815774

eserver    0.815570

citrix    0.811434

cics    0.809653

unisys    0.807106

qemu    0.803733

類義語または同義語 websphere

Article Example
WebSphere MQは、本来はWebとは無縁の基幹系メッセージキューイング製品で、システム内部のデザインはDB2に近いが、システム統合、サーバー間連携などの要ともなるため、WebSphereブランドに移動したと考えられる。
WebSphere WebSphereとは、IBMの独自ソフトウェア製品群のブランド名。「Webアプリケーション・サーバーに代表される「アプリケーション基盤と統合」」を提供するとされている。
WebSphere DataStageは、IBMが買収したAscentialのETLツールで、これも本来はデータ管理(DB2など)に関連が深い製品と考えられるが、こちらも「業務プロセスの統合ツール」としてWebSphereブランドとなったと考えられる。
WebSphere ただし、WebSphere Application Server (WAS) という最も有名な製品を指す略語として使われることも多い。WebSphere はミドルウェアソフトウェア製品群であり、ウェブ技術を使った複数プラットフォームでのeビジネスの構築/運用/統合を行うものである。WAS のようなランタイム製品と WAS上で動作するアプリケーションを作成するための開発ツール製品から構成される。
WebSphere 中核は、Java (J2EE) アプリケーション・サーバーであるWASと、周辺のサーバー群(Commerce、Portal、ESBなど)。
WebSphere MQ WebSphere MQ の機能を利用する方法はいくつもある。IBM がサポートする API として以下のものがある。
WebSphere MQ WebSphere MQ は各種プラットフォームでの時間を保証したメッセージ配信を行う。メッセージ交換の信頼性と堅牢性を強化し、メッセージを失わないことを保証する。
WebSphere MQ WebSphere MQ は他のアプリケーションを起動するためのメッセージを受け付けて起動を実施できる。これによりメッセージ駆動型アーキテクチャを実現できる。
WebSphere MQ 「キューマネージャ」は MOM に必ずあるわけではないが、WebSphere MQ では必要不可欠であり、メッセージキューの論理的コンテナを提供するシステムサービスであると共に、「メッセージチャンネル」を経由してメッセージを他のキューに転送する役割を持つ。
WebSphere MQ IBMがサポートする以外にも各種APIが存在する。例えば、モルガン・スタンレーが開発したPerl用インタフェースがCPANから入手可能である。