類似の単語または同義語 xilinx

embedded    0.827151

processor    0.823006

interconnect    0.821567

fpga    0.810130

hardware    0.808377

qnx    0.805432

compute    0.805365

microchip    0.798623

unisys    0.795639

microblaze    0.793908

類義語または同義語 xilinx

Article Example
OpenPOWER Foundation 2013年12月の法人化以後の参加メンバーは、Canonical、サムスン電子、Micron、日立製作所、Emulex, Fusion-IO、SK Hynix、Xilinx、Jülich Supercomputer Center、Oregon State Universityなど。
Oberon コンパイラの実装としては、32ビットWindows版 Oberon-07M、32ビットARM版、Cortex-M3マイクロコントローラ版、ヴィルトが設計したRISCプロセッサを Xilinx FPGA Spartan-3 ボードに実装したもので動作する版がある。
Parallella 名刺サイズのボードに制御用としてARM Coretex-A9ベースのXilinx製SoC FPGA「Zynq Z7000」(デュアルコアARM、FPGA内蔵)と、Adaptevaの演算用アクセラレータ「Epiphany III 16 core」を搭載しており、UbuntuなどのLinux OSを使用することで高速な並列処理プログラミングを行える。
ExpEther NEC以外では、NECからの技術供与でInventure社(Synopsy社に買収)が開発キットをリリースし、Nethra社はASIC開発契約を締結した。USA市場向けに複数のUSA計算機システムベンダーとODM契約に加えて、Xilinx社やIBMとのサーバでの協業も実現した。
ウルトラカー ウルトラカー株式会社(Ultracker Technology Company Limited)は台湾のセキュリティ機器開発・製造メーカーで、同社のDVRはH.264圧縮やSXGA解像度やDVI端子などをサポートし、高解像度の優れたセキュリティ監視システムを提供している。また同社はザイリンクス(Xilinx)のFPGA設計ができるエンジニア集団で、様々なニーズにも対応可能なメーカーである。
ハイブリッドコンピュータ Convey社は2012年4月よりHC-2というハイブリッドコンピュータを発売した。これはFPGAを用いたもので、PCI Expressを使用してPCに接続する。使用するFPGAは、基本モデルはXilinxのVertex-5,exモデルはVertex-6。用途の30%は遺伝子マッチングなどのバイオインフォマティクス分野と発表している。
MicroBlaze 設計者は、彼らの組み込みシステムのハードウェア仕様(プロセッサコア、メモリコントローラ、周辺機器I/O、等)を設定し構築するためにXPS (Xilinx Platform Studio)を使用する。XPSは設計者のプラットフォーム仕様を合成可能なRTL記述(VerilogまたはVHDL)に変換し、組み込みシステムの実装を自動化するためのスクリプトのセットを書き出す。(RTLからビットストリームファイルまで)MicroBlazeコアにおいて、EDKは通常暗号化された(人間が読めない)ネットリストを出力するが、VHDLで書かれたプロセス記述はザイリンクスから購入することが出来る。
Data Encryption Standard もう1つのDES解読機としてCOPACOBANA(cost-optimized parallel code breaker の略)が2006年、ドイツのルール大学ボーフムとキール大学のチームで開発された。EFFの解読機とは異なり、COPACOBANAは一般に入手可能な部品(集積回路)のみを使っている。20個のDIMMモジュールで構成され、それぞれに6個のFPGA(XILINX Spartan3-1000)を装備し、それらが並列に動作する。FPGAを使っているため、DES以外の暗号解読にも応用可能である。COPACOBANAはその低コストが重要な特徴で、1台を約1万ドルで製作できる。EFFのDES解読機に比べると約25分の1であり、8年間の物価上昇を考慮すると約30分の1ということができる。
HyperTransport CPUとコプロセッサとの間の帯域の問題はいつも実用的な実装を行う際の悩みの種となってきた。この問題が公にならないまま数年後、近年導入されたHyperTransportインタフェースを用いて設計された拡張用は、HyperTransport eXpansion (HTX) として知られる。16レーンのPCI Expressスロットと同じ機構のコネクタを用いており、HTXは挿入されたカードがCPUへの直接アクセスとシステムRAMへのDMAアクセスができるように開発された。近年、HyperTransportバスにアクセスできるFPGAが現れており、コプロセッサはマザーボード上での最優遇住人となってきている。主要なメーカー(AlteraとXilinx)の両方が出している現世代のFPGAはHyperTransportを直接サポートしており、IPコアも使うことができる。