類似の単語または同義語 voip

pbx    0.788724

モデム    0.781607

isdn    0.768585

pstn    0.767713

ルーター    0.764724

イーサネット    0.760339

rfid    0.758292

vlan    0.757740

iot    0.757096

wdm    0.744408

類義語または同義語 voip

Article Example
VoIP この項では「VoIP」の技術とIP電話の網構成を記述する。その他については関連項目も参照のこと。
VoIP VoPNは、データ通信網と伝送路や交換設備を共用することを目的としてはじめられた。
VoIP PIOは、通信需要の多い東京と大阪に設置することが合理的であると、事業者間の協議において確認された。地域内折り返し用のPIOの設置場所の追加・張り出しPIOの設置ついての協議を行う必要性はある。
VoIP 音声信号の圧縮符号化方式には、通常0.3 - 3.4kHz帯域のものが用いられるが、0.05 - 7kHz帯域のものも使用される。狭い帯域で多数チャネルが必要な場合に、音声が一定のレベル以下のときにパケットを送出しない無音圧縮の手法が使われ、頭切れや演算負荷の増加の原因になることもある。
VoIP リアルタイム性を重視し再送信を行わないRTPを使用して音声パケットを送り、パケット通信網の遅延時間のばらつきによるパケットの間隔や順序の乱れを吸収するため、受信側にバッファメモリが使用される。バッファメモリによる遅延時間は、回線の状況が良いときは小さく、悪いときは大きく調整される。途中で破棄されたパケットは、直前のパケットのデータから演算した音声やホワイトノイズなどの挿入で補正される。
VoIP VoIP専用機器には、呼制御を行う通信プロトコルとして、SIP (Session Initiation Protocol) のものとH.323のもの、IPv4のものとIPv6のものとがある。網として統一されていないと、多数のゲートウェイが必要となる。
VoIP VoIP網制御装置とは、IPアドレスと電話番号の相互変換・通信帯域管理・輻輳処理・課金・プレゼンス管理などの付加機能などを行う機器。SIPではSIPサーバ、H.323の場合ゲートキーパーと呼ぶ。また、汎用サーバのソフトウェアとして実装されているものをソフトスイッチとも呼ぶ。
VoIP iPhoneやAndroidなどのスマートフォンにSkypeやViberなどのアプリケーションをインストールして、インターネット電話としての利用が可能。
VoIP 固定電話と、セカンダリIP電話とをn台の一般電話機で共用する場合
VoIP 2001年4月から、フュージョン・コミュニケーションズが日本初の本格的な専用IP網中継電話を事業者識別コード番号0038のマイライン(優先接続方式)で営業開始した。