類似の単語または同義語 univac

バロース    0.793845

ミニコンピュータ    0.784974

cray    0.767221

pdp    0.763433

honeywell    0.762358

eniac    0.751555

hitac    0.749265

マイクロプロセッサ    0.749036

vlsi    0.744557

multics    0.744203

類義語または同義語 univac

Article Example
UNIVAC ジョン・エッカートとジョン・モークリーは、ENIACコンピュータを製作後、特許権を管理するために Electronic Computer Corporation 社 (ECC) を設立した(後にエッカート=モークリー・コンピュータ・カンパニー (ECC) に改称)。同社はまず BINAC (Binary Automatic Computer) をノースロップ社のために製作した(実際にはほとんど使われなかった)。その後、UNIVACの開発に着手。UNIVACは当初、アメリカ合衆国統計局のために開発された(開発資金のほとんどを負担)が、その後製品化された。ECCは American Totalizator 社(競馬掛け率計算器を製造)の子会社であったが、経営上の判断でレミントンランド社に売却された。レミントンランド社は ECC を UNIVAC部門と称した。
UNIVAC オペレーティングシステム (OS) としては1960年代中盤では一般的なバッチ向きの第二世代OSである EXEC II が動作した。
UNIVAC 1107は初の36ビット、ワード指向マシンで、アーキテクチャは 1100シリーズとして知られるものとよく似ている。
UNIVAC 複数CPUを搭載したモデルではスレッド同期命令を持っていて、オプションとして I/Oコントローラ (IOC) と呼ばれる拡張筐体があった。
UNIVAC 1108 上で動作していた他のOSとして RTOS がある。
UNIVAC UNIVAC(ユニバック)は、アメリカのコンピュータ企業。
UNIVAC 1950年、エッカート・モークリ社(ENIACを開発した2人の技術者が設立した会社)を買収したレミントンランド社が商用コンピュータ部門として発足させたのが始まりである。
UNIVAC UNIVACという名称は、"UNIVersal Automatic Computer" の略。
UNIVAC ユニシスは現在もメインフレームクラスのマシンを設計製造し続けている。
UNIVAC TIPというトランザクション処理環境はプログラムをCOBOLで記述できた。当時他社の同様のシステムではアセンブリ言語で記述するのが一般的だった。