類似の単語または同義語 templum

ptah    0.715438

romae    0.710155

caesarea    0.704670

africano    0.702117

クリスピヌス    0.700982

クィンティリウス    0.700877

piso    0.698127

honorius    0.697758

trionfante    0.694892

tempietto    0.689030

類義語または同義語 templum

Article Example
サートゥルヌス神殿 サートゥルヌス神殿(ラテン語: "Templum Saturni" または "Aedes Saturnus"、)は、ローマ神話の神サートゥルヌスを祭った神殿で、イタリア、ローマのフォロ・ロマーノの西端にある。
ビャラ (ヴァルナ州) この地方で確認できる最古の人の居住は、アタナシオス岬(聖アタナス岬)の付近で、現在の町の南にあたる場所であり、紀元前6世紀のことであった。ギリシャ語での名称はアスプロス("Aspros"、白)であった。古代ローマの時代には街道の停泊所「"Templum Iovis"」(ユピテル神殿)が設置され、近くには要塞が設けられた。この地域は681年に第一次ブルガリア帝国の支配下となった。ブルガリアの要塞「ヴィチャ」("Vicha")が町の北のベリ・ノス岬の近くに設置された。
フォルム・ボアリウム この場所は宗教的な中心地でもあり、ヘラクレス・ウィクトール神殿とポルトゥヌス神殿があり、紀元前6世紀か紀元前5世紀頃に建てられたもあった。帝政ローマ末期には、この場所に多数の店が並ぶようになった。神殿はどちらもキリスト教の教会に転用された。キルクス・マクシムスとの間にあったヘラクレス・ポンペイアニ神殿(Templum Herculis Pompeiani)は、8世紀に真実の口で有名なサンタ・マリア・イン・コスメディン教会に改築された。
マルケッルス劇場 ローマ帝国崩壊後、廃墟となり "templum Marcelli" と呼ばれていた。マルケッルス劇場は中世初期にファビウス氏族が要塞として使い、その後11世紀末には とその子孫(Pierleoni家)が支配するようになった。13世紀になると家の所有となり、16世紀にはバルダッサーレ・ペルッツィが設計したオルシーニ家の住居が古代の劇場の廃墟上に建てられた。
寺院 (全般) ローマ人は、異教徒における崇拝の場を「fanum(ファンナム)」と呼んでいた。いくつかのケースでは、それは聖なる森、他の部分では、神殿のことに言及していた。かつて中世のラテンの作家らもそれらをあらわす単語として、「templum」という言葉を使っていた。場合によっては、それが神社や神殿、寺院かなどを判断するのは難しかった。
ポルトゥヌス神殿 ポルトゥヌス神殿(Templum Portunus、)はイタリアのローマにある古代の建築物で、ポルトゥヌス神に捧げられた神殿である。イオニア式の建築で、かつて好古家がフォルトゥナ・ウィリリス神殿(Fortuna Virilis、勇敢な幸運)と誤って命名したため、その名で呼ばれることも多い。テヴェレ川のそばのフォルム・ボアリウムにある。フォルム・ボアリウムはテヴェレ川の港 (Port Tiberinus) を見晴らす位置にあり、ポルトゥヌス神殿はオスティアから家畜を乗せたはしけが入港する様を見渡していた。
ロストラ 紀元前145年ごろまで、コミティウムではトリブス民会が開催され、そこで重要な決定をしたり、行政官を選出したり、犯罪者が告発され投票によって判決が下された。集会前に召集された行政官がアウグルとなり、ロストラ上を聖域 ("templum") として清め、その後議事を進行した。行政官らがアウグルとして占った結果が悪くない場合のみ、他の行政官や元老院議員を招集し、さらに市民を呼び出すよう伝令官に命じた。伝令官はロストラ上や城壁上で集会が始まることを叫んで知らせた。集会においては、行政官、元老院議員、一般市民らが懸案事項や官職の候補者について賛成か反対かを話し合った。訴状について投票を行う前に、伝令官がロストラ上からそれを群衆に読んで聞かせた。最終的に、各トリブスがロストラ上の "templum" に呼ばれ、投票を行った。紀元前145年ごろ以降人口が増えすぎ、ローマの全市民をコミティウムに集めることが難しくなってきたため、トリブス民会の場所はフォルム内の反対側にあるカストルとポルックス神殿の前で行われるようになり、神殿前の階段が非公式のロストラとして使われた。