類似の単語または同義語 tcl

toolkit    0.717383

zope    0.708879

multimedia    0.707261

liferay    0.704257

corba    0.703331

latex    0.700118

rpc    0.695001

sdl    0.693528

ubiquitous    0.693065

plugin    0.692984

類義語または同義語 tcl

Article Example
Tcl/Tk また、変数置換で得られた文字列にブランクが含まれていても、2つの引数としてではなく、ブランクが含まれた1つの引数として渡される。引数の分離(リストの認識)は変数置換前に行われるからである。もし置換結果から改めて引数分離を行わせたいなら codice_14 コマンドを利用する。
Tcl/Tk コマンドには、 パーサーにあらかじめ実装されているビルトインコマンドと、ユーザーにより作成された拡張コマンドがある。ユーザーによる拡張コマンドの実装は簡単である。まず、C言語などで「コマンド本体関数」と「登録用関数」を記述し、ダイナミックリンクライブラリファイルに格納する。そして組み込みコマンドの codice_69 を用いて拡張コマンドを登録する。
Tcl/Tk リストも同様に内部ではリスト型の オブジェクトとして存在している。このような仕組みになっているので、リストを作成する時は codice_91 コマンドを用いるべきであることが分かる。また、巨大なリストを文字列として全体参照するのも効率を悪くするので慎重にすべきである。下記の例では変数 codice_92 には文字列として格納されるが、codice_93 には codice_85 値のリストとして格納される。この後、これらの変数にリスト処理コマンドでアクセスすると、codice_92 に対しては要素分解処理が行われるが、codice_93 に対しては不要となる。
Tcl/Tk 前項で解説したコマンド登録関数の後者(codice_76)は、 パーサーからの引数を、無駄に文字列変換することなく、 オブジェクトのままで受け取るコマンド関数を登録するためのものである。
Tcl/Tk がカリフォルニア大学バークレー校のジョン・ケネス・オースターハウト博士により最初に開発されたのは1988年の事である。当時アプリケーションプログラムに組み込まれる拡張用スクリプト言語には標準がなく、アプリケーション毎に独自の言語が実装されていた。そのためアプリケーション使用者はツール毎に異なるスクリプト言語の習得を余儀なくされた。この非効率さを嘆いたオースターハウトは、状況を打開するために アプリケーションにおける標準となる拡張スクリプト言語をデザインしようと考えた。こうして作られたのが の始まりである。そのため はアプリケーションへの組み込みが容易であることを重視してデザインされた。具体的には処理系をライブラリとして提供することでC言語で書かれたアプリケーションに容易に組み込めることや、言語構造が簡素であり、かつ高い拡張性を持つこと、インタプリター言語であることが挙げられる。
Tcl/Tk オースターハウトの退職に伴い、 の開発はサンの手を離れた。2000年からは の開発はオープンソースにその場を移し、精力的に開発が続けられている。
Tcl/Tk ここでは 言語の特徴を記す。
Tcl/Tk ここで重要なのは、エラーを返したのは codice_4 コマンドであり、 パーサーが検出した「文法エラー」ではないということである。 には制御文などの「文」はない。分岐や繰り返しなどの実行制御も単にコマンドによって実現されているだけである。「 には細かなルールが無い」のであり、そこにはリスト構造と、以下に解説する「特殊記号」しかない。
Tcl/Tk 変数置換は1回しか実行されない。変数置換結果に文字「codice_12」が含まれていても再置換が試みられることはない。
Tcl/Tk が出力される。