類似の単語または同義語 sys

config    0.894435

dll    0.864231

exec    0.832965

bios    0.830139

gzip    0.829573

grep    0.827536

usr    0.822503

foobar    0.821622

posix    0.817758

ntfs    0.817449

類義語または同義語 sys

Article Example
プロセス識別子 Linuxでは、プロセス識別子の最大値は擬似ファイル /proc/sys/kernel/pid_max にある。
Sysfs ドライバモデルツリーに追加された個々のオブジェクト(ドライバ、クラスドライバを含むデバイス)に対して、sysfs内にディレクトリが作られる。親と子の関係は(物理的な配置を反映して)/sys/devices/の下のサブディレクトリに反映される。サブディレクトリ/sys/bus/はシンボリックリンクが置かれており、どのようにデバイスが異なるバスに所属しているのかを反映している。/sys/block/がブロックデバイスを含む一方で、/sys/class/はネットワークのようなクラスによって分類されたデバイスを表している。
AUTOEXEC.BAT 一般に .SYS ファイルは CONFIG.SYS から呼び出し、"SmartDrive" のような.EXE プログラムはAUTOEXEC.BATでロードする。マウスなどのデバイスは、.SYS ファイルとして CONFIG.SYS でロードすることもできるし、.COM として AUTOEXEC.BAT でロードすることもでき、製造業者によって採用する技法が異なる。
エフェメラルポート 多くのLinuxカーネルは32768から61000を使う。割り当て範囲は/proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_rangeに書かれている。
Form-Z form-Z(フォーム・ズィー)とは、auto-des-sysによって開発されている、建築や設計シミュレーション重視の3DCGソフトウェアである。
NdisWrapper NdisWrapper は、Linux 上でネットワークカードの Windows 向けドライバを利用できるようにする。最低限、ドライバの inf ファイルと .sys ファイルが必要である。
M+ FONTS 欧文フォントは Fixed 代替の M fxd、Helvetica 代替の M hlv、UI での利用を想定した M sys、極小フォントの M qub が提供され、M fxd と M hlv には 10 px と 12 px のレギュラー体およびボールド体が、M sys には 10 px のレギュラー体とボールド体が含まれる。M qub は 6 px のレギュラー体のみ。
ハギワラシスコム 株式会社ハギワラシスコム("Hagiwara Sys-Com Co., Ltd.")は、かつて愛知県名古屋市中区に本社を置いていた半導体メモリおよび通信機器メーカーである。
Joruri また、最近においては、Joruri GwやJoruri Mailから派生したグループウェアである「縁sys(えにしす)」という製品もオープンソース公開されている。
デバイスドライバ ロード可能なデバイスドライバは、Windowsでは ".sys"、Linuxでは ".ko" という拡張子のファイルになっている。この形のデバイスドライバは必要なときだけロードできるという利点があり、カーネルメモリの節約につながる。