類似の単語または同義語 processor

programmable    0.897504

device    0.885098

hardware    0.876429

enhanced    0.876248

controller    0.874713

embedded    0.871544

module    0.870383

compute    0.866269

compatibility    0.864179

component    0.863705

類義語または同義語 processor

Article Example
Hot Soup Processor Hot Soup Processor(ホットスーププロセッサー)は、1995年からおにたまにより開発されているプログラミングツール、およびそのプログラミング言語である。略称はHSP。最新安定バージョンは3.4。
Hot Soup Processor 1997年にHSP2.0が登場し、95 以降で動作する32ビットアプリケーションとなった。定数や文字列型の変数に対応したほか、後のバージョンアップで3D描画機能をサポートした。1999年に「 賞」、2001年に「オンラインソフトウェア大賞2001」をそれぞれ受賞した。2005年には日本の経済産業省が支援する「ITクラフトマンシップ・プロジェクト」にHSPを取り入れた教育・研修が採択された。なお、HSP2.61は 2003 を使用して開発しコンパイルされていた。
Hot Soup Processor 2011年9月13日に登場したHSP3.3では、HSPDishというランタイムパッケージが供給されており、変換によってiOSやAndroid上でプログラムを実行させることができるようになった。また、HSP3のコードを他のソースに変換するためのツールとしてhsp3cnvが同梱され、公式にC++へのコード変換が可能になった。
Hot Soup Processor HSPは手続き型言語であり、中間言語系インタープリタのプログラミングツールとして設計されている。公式に『子供でも理解し易いプログラム言語』を掲げており、低年齢(例えば小学生)向けの解説書も出版されている。
Hot Soup Processor HSPに同梱された関連ドキュメントを検索・観覧するための専用ブラウザである。ソフトウェア本体はsprocketが開発している。HSP3.0からHSP HELP Browserとして標準で同梱され、HSP3.2より同名称になった。
Hot Soup Processor それぞれプリプロセッサを使用することで、Windowsのコモンコントロールを使用することができる。
Interface Message Processor 現在のインターネットの起源に当たる、1969年のARPANET誕生において、重要な役割を果たした。
Interface Message Processor 1960年代初頭のポール・バランのパケット通信に関する種々の研究成果を受けて、1967年4月にARPAで行われたARPANET Design Sessionにおいて、IMPのアイデアに関する最初の議論が行われ、1969年にARPANETの開発に参加していたローレンス・ロバーツやBBN社のボブ・カーン達により開発された。パケット転送の機構はストアアンドフォワード型として設計された。また、2秒毎に各送信先に対して、最小の遅延を持つ経路を評価し、0.5秒毎に経路表を各送信先までの遅延を最小にするように更新する、適応型のルーティング・アルゴリズムも実装された。後に、この適応型のルーティング・アルゴリズムは、ルート・フラッピングと呼ばれる激しい経路振動の問題を起こすことになった。
Integrated Graphics Processor 特にNVIDIAのnForceシリーズにおいてグラフィックス機能を搭載したノースブリッジチップを指すことが多いが、NVIDIAに限らず、ATIやVIA、SiSのチップセットにおいてもIGPは多数存在した。ただし、VIAだけはチップセットそのものではなく、グラフィックスコアとなるS3 ChromeをIGPと呼んでいる。
Hot Soup Processor HSP3の登場から新ポータルサイトHSPTV!が立ち上がりHSP3ユーザーのコミュニケーションの場として提供されている。またHSPTV!で同サイトのCGIプログラマを募集するなどの取り組みも試みられている。