類似の単語または同義語 posix

json    0.860490

cli    0.853281

hfs    0.836288

ecmascript    0.836124

smalltalk    0.835051

javascript    0.831992

corba    0.830564

odbc    0.822239

opencl    0.822141

sys    0.817758

類義語または同義語 posix

Article Example
POSIX POSIX(ポシックス、ポジックス、)は、各種を始めとする異なるオペレーティングシステム (OS) 実装に共通のアプリケーションプログラミングインタフェース (API) を定め、移植性の高いアプリケーションソフトウェアの開発を容易にすることを目的としてIEEEが策定したAPI規格である。という名前はリチャード・ストールマンがIEEEに提案したものである。末尾の「」は互換OSに「」の字がつく名前が多いことからつけられた。ISO/IEC JTC 1/SC 22でISO/IEC 9945として国際規格になっている。
POSIX 規格の内容はカーネルへのC言語のインタフェースであるシステムコールに留まらず、プロセス環境、ファイルとディレクトリ、システムデータベース(パスワードファイルなど)、アーカイブフォーマットなど多岐にわたる。単にといった場合は、システムコールとライブラリ関数を規定したを指すことがある。
POSIX の国際標準を制定するにあたり、との差に関するTRを作成している。
POSIX 最初の規格のテストスイートはアメリカ国立標準技術研究所がとしてオープンソースで提供している。
POSIX 系OS以外でも、系は 1.0に準拠しているサブシステムを搭載しており、アプリケーションをそのサブシステム上で実行できる。WTO/TBT協定では、非関税障壁として工業製品は国際規格を尊重して仕様を規定することを提唱しているため、米国政府機関のコンピュータシステム導入要件 () で準拠であること規定したためである。2000までサブシステムを搭載していたが、からはに同梱のサブシステムに役割を譲り、 2003 R2やからはとなった。
POSIX C言語のシステムコールとライブラリ関数を規定した規格としては、他に/ C言語と(、XPG4の後継)がある。各規格の立場の違いにより、これらが含む関数の種類には差がある。数学の記号で表すと、ANSI/ISO C ⊂ POSIX.1 ⊂ SUSとなる。
POSIX 1003.1b POSIX 1003.1bとは、POSIXによって定義された、リアルタイム拡張APIの規格である。古くはPOSIX.4とも呼ばれた。
POSIX 1003.1b また、linuxのPOSIXスレッドでは、リアルタイムシグナルをカーネルがスレッドの制御に使用しているため、リアルタイムシグナルの数個を使用することが出来ない。
POSIX 1003.1b 例えば、codice_2が定義されているとcodice_3関数をサポートしているが、codice_4は、定義されていない。
POSIX 1003.1b この規格に対応している場合は、ヘッダーファイルで「codice_1」を定義するが、個々の関数への対応は個別に定義されているため、詳細は実装によって異なる