類似の単語または同義語 pcmcia

expresscard    0.775612

sdio    0.773113

eeprom    0.770946

uim    0.763378

atapi    0.763259

microsdxc    0.751083

データレコーダ    0.745762

pinout    0.744431

gbe    0.743667

scsi    0.743203

類義語または同義語 pcmcia

Article Example
PCカード 当初は「PCMCIAカード」「PCMCIAスロット」などと呼ばれたが、1993年に規格の統一呼称として「PCカード」が制定されたため、「PCMCIA」とは規格策定団体(のみ)を指すようになった。
SRAMカード JEIDA/PCMCIA(PCカード)の初期の頃に普及した。
電子情報技術産業協会 PCカード標準の策定にはPCMCIAとともに大きな役割を果たしていた。
EWS4800 拡張スロットは、VMEバス→APバス→PCI32ビット/EISA→PCI64ビットと変遷している。ノート型などはPCMCIA
PowerBook 500シリーズ PCカード(PCMCIA)ケージ、16ビット、2タイプI / IIまたは1タイプIIIカード、68000 CPUを使用してPCカードプロトコルをPDSに変換する。
F-06C PCスロットに挿入するためのアダプタも用意されており、PCMCIAスロットのあるパソコンでも利用が可能となる。
Atari Portfolio 取り外し可能なメモリ用の拡張カードスロットもあるが、(規格化される前なので)PCMCIA とは互換性が無い。
PCカード 1989年に、米国でパソコン用メモリーカードの規格統一のための組織、PCMCIA (Personal Computer Memory Card International Association) が設立されたのを受け、1990年にJEIDAの呼びかけで共同作業が開始され、JEIDAガイドラインVer4.0を基にして、PCMCIA Standard Release 1.0が発行された。当初は細部の互換性に欠けていたが、1993年PCカードガイドラインVersion4.2/PCMCIA Standard Release 2.1をもって互換性が得られ、統一呼称「PCカード/PC Card」とロゴマークが制定された。また、JEIDAガイドライン Ver.4.0以降、ATA/AIMS (Auto Indexing Mass Storage) などI/Oカード仕様も制定された。
PowerBook 500シリーズ 1つはPCMCIAモジュールだった。RevA、RevB、およびRevCという3つのバージョンがある。 RevCでは、PowerBook 500シリーズ販売終了後に開発された技術で、16bit WiFiカードを使用できることが便利である。 PCMCIAモジュールのさまざまなリビジョンは、開発中のPCMCIA標準に対応するためにアップルによってリリースされた。 これらのモジュールは見つけるのが難しく、RevCモジュールは特に16ビットWiFiカードで動作するため、需要があった。
StrongARM 追加機能としては、メモリコントローラ、PCMCIAコントローラ、カラーLCDコントローラをダイ上のシステムバスに接続する形で内蔵し、システムバスに接続した周辺バスにシリアルI/Oチャネルを5つ装備した。メモリコントローラは、FPM、EDO DRAM、SRAM、フラッシュメモリ、ROMをサポートしている。PCMCIAコントローラは2スロットをサポートしている。メモリアドレスおよびデータバスはPCMCIAインタフェースと共有される。シリアルI/Oチャネルはスレーブ側USBインタフェース、SDLC、UART×2、IrDAインタフェース、MCP、同期シリアルポートを実装している。