類似の単語または同義語 pcmcia

expresscard    0.775612

sdio    0.773113

eeprom    0.770946

uim    0.763378

atapi    0.763259

microsdxc    0.751083

データレコーダ    0.745762

pinout    0.744431

gbe    0.743667

scsi    0.743203

類義語または同義語 pcmcia

Your secret weapon. Online courses as low as $11.99

Article Example
PCカード 当初は「PCMCIAカード」「PCMCIAスロット」などと呼ばれたが、1993年に規格の統一呼称として「PCカード」が制定されたため、「PCMCIA」とは規格策定団体(のみ)を指すようになった。
SRAMカード JEIDA/PCMCIA(PCカード)の初期の頃に普及した。
電子情報技術産業協会 PCカード標準の策定にはPCMCIAとともに大きな役割を果たしていた。
EWS4800 拡張スロットは、VMEバス→APバス→PCI32ビット/EISA→PCI64ビットと変遷している。ノート型などはPCMCIA
PowerBook 500シリーズ PCカード(PCMCIA)ケージ、16ビット、2タイプI / IIまたは1タイプIIIカード、68000 CPUを使用してPCカードプロトコルをPDSに変換する。
F-06C PCスロットに挿入するためのアダプタも用意されており、PCMCIAスロットのあるパソコンでも利用が可能となる。
Atari Portfolio 取り外し可能なメモリ用の拡張カードスロットもあるが、(規格化される前なので)PCMCIA とは互換性が無い。
PCカード 1989年に、米国でパソコン用メモリーカードの規格統一のための組織、PCMCIA (Personal Computer Memory Card International Association) が設立されたのを受け、1990年にJEIDAの呼びかけで共同作業が開始され、JEIDAガイドラインVer4.0を基にして、PCMCIA Standard Release 1.0が発行された。当初は細部の互換性に欠けていたが、1993年PCカードガイドラインVersion4.2/PCMCIA Standard Release 2.1をもって互換性が得られ、統一呼称「PCカード/PC Card」とロゴマークが制定された。また、JEIDAガイドライン Ver.4.0以降、ATA/AIMS (Auto Indexing Mass Storage) などI/Oカード仕様も制定された。
PowerBook 500シリーズ 1つはPCMCIAモジュールだった。RevA、RevB、およびRevCという3つのバージョンがある。 RevCでは、PowerBook 500シリーズ販売終了後に開発された技術で、16bit WiFiカードを使用できることが便利である。 PCMCIAモジュールのさまざまなリビジョンは、開発中のPCMCIA標準に対応するためにアップルによってリリースされた。 これらのモジュールは見つけるのが難しく、RevCモジュールは特に16ビットWiFiカードで動作するため、需要があった。
StrongARM 追加機能としては、メモリコントローラ、PCMCIAコントローラ、カラーLCDコントローラをダイ上のシステムバスに接続する形で内蔵し、システムバスに接続した周辺バスにシリアルI/Oチャネルを5つ装備した。メモリコントローラは、FPM、EDO DRAM、SRAM、フラッシュメモリ、ROMをサポートしている。PCMCIAコントローラは2スロットをサポートしている。メモリアドレスおよびデータバスはPCMCIAインタフェースと共有される。シリアルI/Oチャネルはスレーブ側USBインタフェース、SDLC、UART×2、IrDAインタフェース、MCP、同期シリアルポートを実装している。