類似の単語または同義語 pcie

オンボード    0.800828

gddr    0.780494

powervr    0.776287

sata    0.761880

bga    0.747512

uvd    0.737704

sgx    0.737551

quickpath    0.733757

agp    0.732551

cuda    0.730209

類義語または同義語 pcie

Article Example
ホストバスアダプタ アダプテック、ATTOテクノロジー、LSIは、PCIe SCSIアダプタを供給している。
ExpEther ExpEther(エクスプレス・イーサ)は、PCI Express(PCIe)とEthernetを統合したシステムハードウェア仮想技術である。市販標準のPCIeデバイスをそのまま利用して計算機システムの再構成を実現するインターコネクション技術である。
ExpEther 以降、PCIeとEthernet規格の高性能化に伴い、順次ExpEtherブリッジLSIがリリースされている。
IEEE 802.11 Display PortとHDMIへの変換はAV-PAL、PCIe、USB3.0、SDIOへのプロトコル変換はI/O PALが定義されている。
Accelerated Graphics Port PCIe用ビデオチップをAGPに転用するため、AGP-PCIeブリッジチップ(NVIDIA製品では「HSI」、AMD製品では「Rialto」と呼ばれる)を搭載するカードも存在する。しかし、このタイプのビデオカードは、ごく一部のチップセットで動作が不安定になることがある(デバイスドライバやマザーボードのBIOSの更新で解消できる場合がある)。
ExpEther 標準のPCI Expressスイッチを、論理的に等価性を保ったまま標準のEthernet上に分散的に配置する独特の“PCI Express switch over Ethernet”アーキテクチャを実現している。これにより、接続可能なPCIeのルート・コンプレックスやエンドポイント・デバイスの数を実質1000個以上に、また、接続可能な距離を1000m以上に拡張することができる。この時、OS,ドライバ、PCIeデバイス、Ethernetスイッチなど、すべて、豊富な市販標準品をそのまま利用してシステム構成できる特徴を有する。また、どのルートとどのエンドポイント間にPCIe接続を行うかを遠隔から管理ソフトウェアを用いて制御することが可能で、PCIeの標準HotPlug機能に対応しているデバイスを、ソフトウェアから自由につけ外し可能である。
サウスブリッジ 。通常はマザーボード上にはんだ付けされている。サウスブリッジには、ノースブリッジとの接続に加えて、PCIe、USB、SATA、eSATA、イーサネット(上位層)、アナログオーディオなどの入出力ポートや、BIOSインタフェース、リアルタイムクロックが備わっている。
IDT 2009年7月、マイクロン・テクノロジと提携し、PCI Express 用ソリッドステートドライブの開発に着手。この提携で、マイクロンのフラッシュデバイスや将来の RealSSD ソリッドステートドライブ向けに最適化した PCIe ホストインタフェース付きのフラッシュコントローラを共同開発した。
ThinkPad X SATAポートはSATA3速度、pcieポートはSATA2速度。電源コネクタは再び背面に配置されている。今までモノラルだったスピーカーがステレオスピーカーとなった。
ExpEther これを用いて世界で初めて、CPU、ストレージ、GPUなどの多種多様な市販PCIeデバイスを、利用目的に合わせて再構成可能な計算機システム(ExpEtherシステム)を実用化した。