類似の単語または同義語 mpx

xvt    0.850668

sgxmpx    0.845182

sgx    0.819825

powervr    0.812715

vpro    0.802851

avx    0.773344

atapi    0.769507

cxd    0.765555

broadwell    0.763809

オンボード    0.760385

類義語または同義語 mpx

Article Example
ドルビーノイズリダクションシステム FMやアナログ地上波テレビの放送で使用される19kHzのパイロット信号はドルビーNRの高周波レベル検出時に誤作動の原因となるため、マルチプレックス(MPX)フィルターが必要になる。急峻な特性でハイカットを行うため音質への影響は避けられずMPXのON/OFFが切替えられるFMチューナーやカセットデッキも珍しくないが、仕様上MPXフィルターを搭載しながらON/OFF切替機能を持たない廉価なカセットデッキではタイプB/C/SのドルビーNR回路と連動するMPXフィルターがワンチップに統合されたICが使われ、ドルビーNRがONになっている限り15~19kHzより高い周波数は一律でカットされていた。
多重化 FM放送などのアナログラジオでは、音声信号が送信機で変調される前に副搬送波を加える処理を一般に多重化と呼ぶ。この場合の多重化を MPX と略記することもある(ステレオFMなど)。
StarTeam StarTeamはブランチ、マージ、差分比較、先進的なユーザーとセキュリティの管理、チェックポイント、ユーザー及び管理者の操作ログ、カスタマイズといった機能をサポートする。サーバーの分散を考慮して設計され、リモート接続のための強固な暗号をサポートする。スターチームはサーバーの運用中にリアルタイムでバックアップでき、スケーラビリティを高めるためStarTeam MPXと呼ばれるパブリッシュ/サブスクライブ型イベントシステムをオプションで利用できる。
PowerPC 970 970 はシステムコントローラチップ(ノースブリッジ)との間で、一方向あたり32ビットのフロントサイドバスを2本持ち、プロセッサコアの速度の半分の速度で動作させることができる。このバスの帯域は1GT/sで上り下り合計8GB/sと、G4のMPXバス (167MHzで1.3GB/s) と比べると大きく速度が向上している。
ワンタイムURL URLにセッションIDや時刻を埋め込むことで実現されることが多い。URLをコピーするだけでは保存できなくなるが、クッキーを適切に設定するか、rtmpdumpやMPXのようなセッションをそのまま保存できるソフトでは保存できることがある。
PowerPC G3をベースに浮動小数点演算機能を強化、SIMDと対称型マルチプロセッサ機能を追加したもの。CPUバスは従来の60xバスに加え、より高度な制御機能をもったMPXバスにも対応している。MPC 7450 でマイクロアーキテクチャを刷新したため、MPC 745x・MPC 744x は、G4+とも呼ばれる。
ジェリー・リン 2012年3月に年度末に引退すると宣言。2012年9月にチカラに参戦、2・コールド・スコーピオ、トミー・ドリーマーとのタッグ、エクストリーム・トリオ("The Extreme Trio")で出場するが1-2-3キッド、アルド・モントーヤ、タタンカチーム・WWFに勝利するがマイク・ベネット、マット・ジャクソン、ニック・シャクソンのチーム・ROHに敗れている。11月にはテキサス州ベッドフォードに拠点を置くMPXで4wayマッチに勝ちMPX王座を獲得しているが引退を考えてすぐに返上、その後キャリア初期を過ごしたダラス・フォート・ウォースエリアに行っている。12月にROHのPPVであるFinal Battleにスポット参戦し、ROHでの引退試合をマイク・ベネックを相手に試合をしている。2013年2月にプロレスリング・シンジゲートで行われたThank You, Jerryのメイン・イベントでランス・ストームに勝っている。2013年1月に引退ツアーの一環としてTNAにスポット参戦、One Night Only: X-Travaganza specialでRVDとの最後の試合をしている。
SCO OpenServer SCO UNIXはSCO XENIXの後継として登場したもので、System V Release 3.2にXENIXのデバイスドライバやユーティリティを統合したものであった。SCO UNIX System V/386 Release 3.2.0は1989年、SCO XENIXの後継製品としてリリースされた。基本OS製品にはTCP/IPネットワーク機能やX Window Systemは含まれていない。その後間もなくそれら機能を含めた製品をSCO Open Desktopの名前でリリースした。1994年には、追加のSMPパッケージSCO MPXをリリースしている。
Athlon SMP対応版 Athlon XP。Smart MP 機能を搭載する他は、Athlon XPとほぼ同仕様である。同一のシリコンウエハーから特性の良好な選別品をAthlon MPとして抜き取った後、SMP機能を無効化してパッケージングしたものがAthlon XPと考えられている。しかし例外的にAthlon MP以外でもSMPで動作する製品も一部に存在する。Athlonシリーズで唯一のSMP対応チップセットである AMD-760MP / 同MPX のFSBが266MHzまでしか対応しておらず、FSBは全製品が266MHzである。なお、Palominoコア搭載の1.0、1.2GHz品はモデルナンバー(とAthlon XP )の発表に先行して発表、出荷されたため、モデルナンバーを持たない。