類似の単語または同義語 mmu

simd    0.817046

dma    0.788594

sram    0.782203

mpu    0.779662

fpu    0.778577

パーティション    0.767045

マルチプロセッサ    0.758749

fpga    0.758477

デコーダ    0.757097

コプロセッサ    0.753882

類義語または同義語 mmu

Article Example
メモリ管理ユニット マイクロプロセッサの初期の設計では、MMUは独立した集積回路となっていた。たとえば、Macintosh IIのMC68020 CPUでは MC68851 MMU を使い、Z8000ファミリでは Z8010 が使われた。その後のCPUであるMC68030やZ280ではマイクロプロセッサ内にMMUを内蔵している。
Z80000 MMUを備えていてメモリのプロテクション機能を提供している。
統一原子質量単位 ミリマスユニット (, mmu) という非公式の単位もあり、1 mmu = 1/1000 u = 1 mDa とされるが、SI接頭辞のシステムと整合性がなく、使用は推奨されない。
Nios II Quartus 8.0で導入されたMPUオプションにより、MMUによって提供される機能と似ているが、より簡素化されたモデルを持ち、MMUによるパフォーマンスが悪化しない、メモリ保護が提供される。
トランスピュータ このトランスピュータはMMUや仮想記憶機構を持っていなかった。
マイクロプロセッサ マイクロプロセッサ内蔵のメモリ管理機構(MMU)はChilds他(インテル)によって開発された()。
メモリ管理ユニット PowerPCは数種類の互換性の無いMMUの設計をもったアーキテクチャが存在する。
カーネル 階層型プロテクションは、一般に「CPUモード」でサポートされる。ハードウェアサポートによる単純で効率的な方法は、MMUにメモリアクセスの度にその妥当性をチェックさせるもので、その機構をと呼ぶ。ただし、多くの商用コンピュータアーキテクチャではMMUがケイパビリティをサポートしていない。
MC68010 68010はセグメント方式の(MMU) 68451と合わせて使うことが出来たが、設計上の問題があり、この構成の場合、メモリアクセスに1クロックサイクル余分に時間がかかるため人気がなかった。このため、サン・マイクロシステムズなどのベンダーは自前でMMUを設計した。
ブルース・マッカンドレス2世 このミッションは、MMUとMFR()の最初の実験を記録した。マッカンドレスは2つのMMUのそれぞれを用いて命綱なしの宇宙遊泳を行い、命綱なしの宇宙遊泳をした初めての人物となった。