類似の単語または同義語 lamarck

gmelin    0.867898

quoy    0.856684

gaimard    0.854214

röding    0.852350

cuvieri    0.850508

cuvier    0.850028

fabricius    0.848485

punctata    0.847109

nobilis    0.845752

kuntze    0.844576

類義語または同義語 lamarck

Article Example
ラマルク ラマルク (Lamarque , Lamarck)
モクメダマ ラマルクが記載した "Natica zebra" Lamarck, 1822という学名は本種の新参シノニムとされるが、19世紀から20世紀半ばまで長期間にわたって使用されたため、その間のほとんど全ての文献でモクメダマの学名は "zebra" となっている。
ジャン=バティスト・ラマルク ジャン=バティスト・ピエール・アントワーヌ・ド・モネ、シュヴァリエ・ド・ラマルク(Jean-Baptiste Pierre Antoine de Monet, Chevalier de Lamarck, 1744年8月1日 - 1829年12月28日)は、ブルボン朝から復古王政にかけての19世紀の著名な博物学者であり、biology(生物学)という語を、現代の意味で初めて使った人物の一人である。
ジュール・ポール・バンジャマン・ドゥルセール 植物学、貝類学の分野で熱心な収集や記載を行い、30,000冊の植物のライブラリを作った。1845年にその目録(catalogue Musée botanique de M. Delessert)を出版した。他に著書として、『貯蓄と年金の効用』(avantages de la caisse d'épargne et de prévoyance (1835))、『幸福への指針』(Le Guide de bonheur (1839))、『ラマルクの記述による貝類コレクション』(Recueil de coquilles décrites par Lamarck (1841–1842))などがある。
ミゾコブシボラ この属の種として海産動物データベースのWoRMSなどでは、以前はミゾコブシボラに加え、"Busycotypus plagosus" (Conrad, 1862)(和名不詳)と"Busycotypus spiratus" (Lamarck, 1816)(ナシガタコブシボラ) の計3種を置いていたが、Petuch & Myers (2015) のモノグラフでミゾコブシボラ以外の2種が別属の "Fulguropsis" Marks, 1950に移されたため、WoRMSでもこれを受けて2015年12月以降はミゾコブシボラ1種のみをミゾコブシボラ属に置いた。
大麻 種の学名「カンナビス・サティヴァ・エル ("Cannabis sativa" L.)」を用いて定義しているため、亜種ないし変種である、サティヴァ ("Cannabis sativa" subsp. "sativa" var. "sativa")・インディカ ("Cannabis sativa" subsp. "indica")・ルデラリス ("Cannabis sativa" subsp. "sativa" var. "spontanea") すべてが、規制対象となる。アサ科アサ属(カンナビス属)の植物は、カンナビス・サティヴァ・エル1種のみであるので、大麻取締法1条にいう「大麻草(カンナビス・サティヴァ・エル)」とは、カンナビス属に属する植物すべてを含むとされる。ただし、これはアサ属(カンナビス属)における一属一種説に基づいた分類法によるものであり、植物分類学では一属多種説も存在する。一属多種説では、アサ科アサ属(カンナビス属)に含まれる種は、カンナビス・サティヴァ・エル(Cannabis sativa Linnaeus)の他に、カンナビス・インディカ・ラム(Cannabis Indica Lamarck)、カンナビス・ルデラリス・ジャニ(Cannabis ruderalis )があり、これらをカンナビス・サティヴァ・エルの亜種や変種とするのではなく、それぞれ別の種とするものである。