類似の単語または同義語 honeywell

microchip    0.785531

unisys    0.785292

supercomputer    0.781515

datasheet    0.779803

computers    0.778064

atmel    0.776107

processor    0.775355

marvell    0.774365

raytheon    0.770025

emulator    0.769936

類義語または同義語 honeywell

Article Example
Honeywell 316 Honeywell 316は産業用にも使われた。316はエセックスのブラッドウェル原子力発電所で原子炉温度監視第1コンピュータとして、内蔵の160kディスクが故障した2000年夏頃まで使われた。それまで第2システムとして使われていた2台のPDP-11/70が第1システムに移された。
Honeywell 316 日本では1971年1月に日本電気がH-316を国産化してNEAC-3200モデル30、H-516をモデル50として発売した。
Honeywell 316 H-316のプログラミングモデルは次のレジスタで構成される。
Honeywell 316 ランプとトグルスイッチで構成されたフロントパネルディスプレイに加えて、システムは異なるタイプの入出力装置をサポートしていた。テレタイプ ASR-33 テレプリンターはコンソール入出力装置と紙テープのデータ読み込み・保存に用いることができた。小型システムでは高速紙テープリーダ・パンチャーをデータ記憶用として使われた。周辺装置のハネウェル・ファミリーにはカードリーダ・パンチャー、ラインプリンター、磁気テープ、固定または取り外し可能の両タイプのハードディスクドライブが用意された。
Honeywell 316 ハネウェルはH-316プロセッサで動作する最大500のソフトウェアパッケージを供給した。FORTRAN IVコンパイラおよびアセンブラ、リアルタイムディスクオペレーティングシステム、システムユーティリティ、ライブラリも利用できた。
Honeywell 316 Honeywell 316は半導体RAMメモリを使用した最初のコンピュータとしてコンピュータショーで展示されたことで特徴的であった。1972年、Honeywell 316は半導体RAMメモリボードとともに展示された(以前はコアメモリを使用していた)。DTLは電力の消費が大きく長続きしなかったため、量産段階に移ることはなかった。ハネウェルはRAMの生産を可能にする同じ技術がDTLコンピューターの終わりをもたらすことを知っていたが、企業が最先端を歩んでいることを見せしめたかった。
Honeywell 316 H-316はアメリカ国立電波天文台でチャールズ・ムーアによって最初の完全にスタンドアロンなForth実装の開発に用いられた。それらはARPANET Interface Message Processor (IMP) として使われたが、多回線制御装置を通して最大63台までのテレタイプ端末をサポートするTerminal IMP (TIP) としてもカスタマイズされた。
Honeywell 316 元々のはシリーズ16と互換性を持つものとして設計された。
Honeywell 316 命令セットは72の計算、論理、入出力およびフロー制御命令を持つ。
Honeywell 316 ハネウェル・キッチン・コンピュータ () またはH316台形モデルは1969年にネイマン・マーカスによって贅沢なギフト・アイデアのシリーズとして短期間営業活動が行われた。それは10000ドルで販売され、重さは100ポンド超(45kg超)、料理レシピの保管に便利なものとして宣伝された。ハネウェル・キッチン・コンピュータの想定されていた用途として料理計画や家計簿の補助も含まれていた。その宣伝には主婦を古風で見下したような表現が含まれていた。ユーザーインターフェイスはトグルスイッチ入力のバイナリ出力のみで、装置のプログラミングを学ぶために2週間の学習が必要であったため、レシピを読んだり入力したりするのは一般的な主婦や料理人には不可能に近かった。それはまな板やいくつかのレシピを内蔵していた。これまでにハネウェル・キッチン・コンピュータが販売されたという証拠は見つかっていない。