類似の単語または同義語 hfs

ntfs    0.854621

ufs    0.845136

zfs    0.839601

nfs    0.839313

posix    0.836288

デバイスドライバ    0.821509

freebsd    0.809847

sys    0.807604

xfs    0.802085

bios    0.800564

類義語または同義語 hfs

Article Example
HFS Plus Xbox 360ではHFS+でフォーマットされたiPodを読むことができるマイクロソフト製ドライバを搭載している。
HFS Plus Mac OS X v10.3ではファイルシステムの扱いが大幅に拡張された。ファイルにメタデータ部が追加され、頻繁にアクセスされるファイルをドライブの外周のアクセスの高速な領域に自動的に移動し、同時に断片化を解消するHot File Adaptive Clusteringを組み込んだ。HFSXと呼ばれる拡張バージョンのHFS+も導入した。HFSXはディレクトリとファイルの名前の扱いについて変更があった。
HFS Plus Linuxではカーネル2.4.22以降でマウントすることができる。
HFS Plus Mac OS X v10.4では以前利用していたUNIXパーミッションのほかに、Windows XP及びWindows Server 2003のACLと互換性のあるACLのサポートを追加した。また、将来のリリース向けに予約されていた拡張属性 (extended attribute) のサポートも加えた。
HFS Plus HFS+またはMac OS拡張フォーマットは、HFSから置き換わるClassic Mac OS及びmacOSで利用される主要なファイルシステムである。このファイルシステムはiPodでも使用される。開発中、アップルはこのファイルシステムを "Sequoia" と名付けていた。
HFS Plus FreeBSDでは5.3-RELEASE以降でマウントすることができる。
HFS Plus HFS+の大きな改善点は、ブロックサイズが4KB固定になり、以前より大量のファイルを扱えるようになったこと、巨大なサイズのファイルをサポートするようになったこと、ファイル名にUnicodeを利用すること、長いファイル名が付けられるようになったことである。HFSはフロッピーディスクで利用されていた頃は、これらの制限は大きな問題ではなかったが、大きなストレージデバイスが増えるにつれて、深刻な問題へとなっていった。またHFSのマルチフォークシステムを拡張し、多くのフォークの利用もできるようになった。このマルチフォークは現在、拡張属性 (EA) の保存のために利用されている。
HFS Plus HFS+は1998年1月19日、Mac OS 8.1のリリースで導入された。もともとはCoplandを想定して開発された技術であり、その存在はCopland開発中から知られていた。
HFS Plus アップルは、2002年11月11日のMac OS X v10.2のアップデートのリリース10.2.2で、データ信頼性を高めるジャーナリングファイルシステム機能をHFS+に加えた。
Hierarchical File System 1998年、HFS+がMac OS 8.1で導入され、HFSの後継となった。Mac OS X v10.5まではHFSを起動ディスクとして利用できないが、読み書きはHFS+同様に可能である。Mac OS X v10.6以降ではHFSは読み込みのみ可能で、起動のみならず書き込みやボリューム作成もできなくなった。