類似の単語または同義語 hann

þá    0.912336

þar    0.893869

tóku    0.873854

yfir    0.872581

með    0.871318

þeim    0.867552

réð    0.856039

þeir    0.851744

þeirra    0.836236

hét    0.835506

類義語または同義語 hann

Article Example
窓関数 Bartlett‐Hann window。修正バートレット‐ハン窓 (modified Bartlett‐Hann window) とも。
ウォン・チューハン ウォン・チューハン(、Wong Choong Hann、1977年2月17日 - )は、マレーシアのクアラルンプール出身のバドミントン選手。左利き。
アリー・ハン=マッカーディ 国際スケート連盟にはAllie Hann-McCurdy、またはAllie McCurdyで記録されている。
窓関数 hann window(hannは人名由来だが、慣習的に小文字で書く)。フォンハン窓 (von Hann window)、2乗余弦窓、raised cosine windowとも。が考案した。ハン窓及び後述のハミング窓は、後の研究で後述する一つの関数族「一般化ハミング窓("raised cosine" または "generalized Hamming" 窓)」に分類されたため、ハン(Han)とハミング(Hamming)両名の名前から合成された「ハニング窓(hanning window)」という呼び方でハン窓を指す場合もある。
ハン・ミュンデン 基本条例によれば、この街の名前は「Hann. Münden」である。これは2006年に最終的に承認され、連邦統計局でもこの街をその名で記録している。
ハン・ミュンデン ハン・ミュンデン (Hann. Münden、昔ながらにハノーフェルシュ・ミュンデン (Hannoversch Münden) あるいはミュンデンとも呼ばれる)は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州南部のゲッティンゲン郡に属す都市で、ヘッセン州と境を接する。
ハン・ミュンデン Hannoversch Münden という名前はその長さが、たとえばハノーファー南鉄道の時刻表に表記する際、不都合であった。また、耳で聞いて書き写した場合、Hannover-Schmünden あるいは Hannover-Münden といった誤った表記がなされ、ハノーファー市の市区であると誤解されることもあった。Hannover bei Münden や Hannover bei München といった表記も当時は見られた。短縮形の Hann. Münden(しばしば誤って Hann.-Münden と表記されるが、これでは市区との誤解を生じる先の議論に戻ってしまう)は、地元の事情に詳しくない者にも理解しやすい表記であった。1991年、市は市議会での決定に基づき、公式な表記を Hann. Münden とした。したがって1991年以降は、この街の住民は正しくは Hann. Mündener と呼ばれるべきであるが、住民達は自らを Mündener と称している。
ローテンブルク(ヴュンメ)郡 ローテンブルク(ヴュンメ)郡 (Landkreis Rotenburg (Wümme)) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州に属す郡で、同州の北東部、ブレーメン、ブレーマーハーフェン、ハノーファー、ハンブルクの中間に位置する。本郡は、西はフェルデン郡、オスターホルツ郡、クックスハーフェン郡、北はシュターデ郡、東はハールブルク郡、南東から南はハイデクライス郡と境を接する。現在の郡は1977年に旧ブレマーフェルデ郡と旧ローテンブルク郡が合併して成立した。旧ローテンブルク郡は1969年5月15日まではローテンブルク・イン・ハノーファー、略して Rotenburg (Hann.) と呼ばれており、ナンバープレートや郡の略号は「ROH」が使われていた。現在のそれは「ROW」である。
フェーン現象 フェーン現象には二つの種類がある。すなわち、熱力学的な断熱変化によって起こるフェーン現象と力学的に起こるフェーン現象である。前者を湿ったフェーン、後者を乾いたフェーンという。乾いたフェーンは風が山を越えなくても起こるフェーン現象として知られている。この両者の現象の発生を唱え、フェーン現象の本格的な研究を行ったのは「近代気象学の父」とも称されるオーストリアの気象・気候学者(Julius Ferdinand von Hann)(1839年~1921年)である。