類似の単語または同義語 gbit

mbit    0.828635

gflops    0.785428

dram    0.785251

scsi    0.780751

sata    0.778100

gbps    0.775962

mbyte    0.767710

ethernet    0.762103

sdram    0.761744

ssd    0.749085

類義語または同義語 gbit

Article Example
記録密度 ギガビット毎ミリメートル(ギガビットまいミリメートル)。ギガビット/ミリメートルやGbit/mmやGbpmm (G bits per mm) などとも書かれる。
ギガビット ギガビット (gigabit) は情報や記憶装置の単位であり、Gbit または Gb と略記される。
SMPTE 372M SMPTE 372MとはSMPTEによって発布された規格で2本の線で伝送し、SMPTE 259M, SMPTE 344M,とSMPTE 292Mのビットレートを 2.970 Gbit/s,と2.970/1.001 Gbit/s以上まで拡大した規格である。これらのビットレートは1080p映像に十分である。
Internet2 2006年、との提携を発表し、新たな全国規模のネットワークを構築し、通信容量を 10 Gbit/s から 100 Gbit/s に拡大するとした。2007年10月、アビリン・ネットワークを正式に退役とし、新たな大容量ネットワークを Internet2 ネットワークと呼んでいる。
記録密度 ギガビット毎平方ミリメートル(ギガビットまいへいほうミリメートル)。ギガビット/平方ミリメートルやGbit/mmやGbpmm (G bits per mm) などとも書かれる。
記録密度 ギガビット毎平方インチ(ギガビットまいへいほうインチ)。ギガビット/平方インチやGbit/inchやGb/inやGbpsi (G bits per square inch) などとも書かれる。
記録密度 ギガビット毎インチ(ギガビットまいインチ)。ギガビット/インチやGbit/inchやGb/inやGbpi (G bits per inch) などとも書かれる。
SMPTE 292M SMPTE 292 は、SMPTEによって出版されたディジタル映像伝送標準である。 これは1.485 Gbit/sと1.485/1.001 Gbit/sのビットレートを考慮してSMPTE 259とSMPTE 344を拡張したものである。これらのビットレートは、高解像度映像(HD)を非圧縮伝送するのに充分なものとしてよく使われる。
SMPTE 424M SMPTE 424Mとは、SMPTEによって発布されたシリアルデジタルインタフェースの規格でSMPTE 259M、 SMPTE 344MとSMPTE 292Mを拡張してビットレートが2.970 Gbit/sと2.970/1.001 Gbit/s 以上の映像信号を一本の同軸ケーブルで伝送するものである。これらのビットレートは1080p映像を毎秒50または60フレームで伝送するために十分である。信号フォーマットはSMPTE 425M仕様におけるSMPTE 424Mから持ち越しである。
マルチギガビット・イーサネット IEEE802.3bzの物理層(PHY)伝送技術は、10GBASE-Tをベースとして、より低い信号の周波数レートを用いる。10GBASE-Tの または の周波数レートであるため転送レートはそれぞれ2.5または5 Gbit/sとなる 。要求されるケーブルへのスペクトル帯域が狭くなるので、 ケーブル長100 mのアンシールド Cat5e、Cat6のツイストペアケーブル上での展開を可能としている。