類似の単語または同義語 fddi

イーサネット    0.811751

ethernet    0.791963

pppoe    0.781629

トークンリング    0.769276

ルーター    0.759790

vlan    0.757791

scsi    0.750923

isdn    0.743314

レイヤ    0.742564

dce    0.740499

類義語または同義語 fddi

Article Example
Fiber distributed data interface FDDI ネットワークを設計する場合、通常は複数の FDDI リングが階層的に接続された構造にする。FDDI リング同士はいくつかの機器(ルータや集線装置の場合が多い)で接続される(デュアルアタッチ)。コンピューターはルータや集線装置にシングルアタッチで接続される。もっとも単純な構造の FDDI リングは機器が1個の場合である。一般にはコンピューター室程度の広さで FDDI ネットワークが構成されるが、都市内ネットワークのような広域 FDDI が実現した例もある。
Fiber distributed data interface FDDI は ANSI, 米国規格協会 の X3-T9 が主になって標準化された。他のプロトコルを使用する LAN のOSI参照モデルに従う。 FDDI-II は FDDI の一種で、交換機のサービスをネットワークに加え、音声や映像などマルチメディアを扱うことができる。 FDDI ネットワークとひろがりつつある Synchronous Optical Network SONET との接続が始まった。
Fiber distributed data interface 4つの FDDI 標準には次のものが含まれる。
Fiber distributed data interface 現在ではベンダーも FDDI から撤退し、利用は終焉しつつある。
Fiber distributed data interface Fiber-distributed data interface (FDDI) は、LAN でデータ転送を行なうための標準の一つである。
AppleTalk FDDIを用いたものをFDDITalkと称する。FDDIはIEEE 802によって定められたものではないが、LLCを使えるためAppleTalkを利用することができる。LLCによってAppleTalkのパケットをカプセル化するデータリンク層のプロトコルをFLAP (FDDITalk Link-Access Protocol) と呼ぶ。
アーリー・トークン・リリース アーリー・トークン・リリース(early token release)とは、FDDIやIEEE 802.5トークンリングで使用されている媒体アクセス制御(MAC)方式。
4B5B 符号化 光ファイバー上では、 4B5B 出力は 伝送路符号を用いる。 FDDI over copper (CDDI) では、100 BASE-TX と同様の を代わりに用いる。
Fiber distributed data interface 電気通信事業者がFDDIを使った商用サービスを行った例も少数ながら存在する。
4B5B 符号化 4B5B は1980年代中盤に fiber distributed data interface (FDDI) により普及し、後に以下の規格に採用された。