類似の単語または同義語 exam

examination    0.716349

proficiency    0.683100

operational    0.669811

testing    0.661095

peration    0.659655

certificate    0.657784

replacement    0.650931

tests    0.648822

intelligent    0.646065

targeting    0.644443

類義語または同義語 exam

Article Example
EXAMシステム EXAMシステム(エグザムシステム、EXAM SYSTEM)は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空のシステム。
EXAMシステム ジオン公国軍のフラナガン機関でニュータイプを研究していたクルスト・モーゼス博士は、当初ニュータイプの驚異的な能力・戦闘力を何とかサポートシステム化し、ジオン戦力の底上げを図る研究をしていた。
EXAMシステム その過程において、彼は研究対象であるニュータイプの能力を知れば知る程に驚愕し、畏怖し、恐怖して、やがて一つの考えに取り付かれるようになる。ニュータイプが人類に代わる進化した存在であるのなら、進化に取り残されたオールドタイプは、かつて現人類に滅ぼされた旧人類のようにニュータイプに駆逐されるのではないかという強迫観念である。
EXAMシステム なお、ゲーム『ガンダムネットワークオペレーション』ではクルスト博士の亡命を阻止し引き続きジオン公国で開発が続けられたという架空展開のもと、EXAMシステムを搭載したギャンもしくはゲルググが登場する。
EXAMシステム オペレーティングシステムの一種とされているが、システム稼働状態下ではほぼ完全な自立稼働が可能。
EXAMシステム システムが起動(暴走)するまで、およびシステムを制御しその機能を最大限に利用するためにはパイロットを必要とする。そのためにはパイロットとのシステムの親和性が高いことが必要とされ、それが適った場合には超常の戦闘能力が発揮される。
EXAMシステム 前線でのテスト中に頻発したEXAMシステムの暴走を制御するため、ブルーディスティニーを担当した技術士官アルフ・カムラはブルーディスティニーの1号機と3号機にリミッターを取り付け、本格的な暴走に突入する前にシステムが停止するように発動時間に制限をつけた。だがこの時点でアルフはEXAMの真の目的に気づいていなかったため、対ニュータイプシステムについては手付かずのまま放置されていた。リミッターを付与された1号機と3号機のEXAMシステムは通常50%しか機能していない。
EXAMシステム ニュータイプの脳波を検知した場合、システムはニュータイプ殲滅を優先としパイロットの制御を離れ行動を開始しようとする(パイロットがシステムの意向に反しない、あるいはシステムの殲滅衝動をねじ伏せた時などはこれに当たらない場合がある)。これは暴走ではなく開発者(=クルスト博士)の意図した正常な動作である。しかし多数の人間の死と殺気を感知した場合(戦場では頻繁に起こりうる)でも同様の反応が起こり無差別な殺戮を開始してしまうという問題が残った。こちらはクルスト博士の意図しなかった本来の意味での「暴走」といえる。また、戦場にEXAMシステムを搭載した機体が複数存在した場合には互いをニュータイプと認識して同士討ちを開始してしまう。このためEXAM搭載機は単機で敵集団に対し狂戦士的に戦う乱戦において最も威力を発揮し、実際に1号機・3号機による単機敵基地突入が行われている。
EXAMシステム セガサターン用ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』で初登場。ブルーディスティニーシリーズ及びイフリート改に搭載された特殊な戦闘用のオペレーティングシステムとそれを実行するためのハードウェアを指す。ゲームでの声優は雪乃五月(現:ゆきのさつき)。
EXAMシステム EXAMシステムは人間の脳波を電磁波として捉え、その中のいわゆる「殺気」を判別し敵パイロットの位置の特定や攻撃の瞬間を察知して回避するといった、ソフトウェア的にニュータイプに近い戦闘動作を再現して見せるものである。この基本概念を理解しない者にとっては「搭載された機体に驚異的な性能を発揮させるOS」でしかない。また、サイコミュシステムの様なフィードバックシステムは持たないが、取り扱っている物が物なだけに、システムによる殲滅衝動やマリオンの幻影による救済祈願等、パイロットは様々な精神的影響を受ける。