類似の単語または同義語 ethernet

gigabit    0.853796

イーサネット    0.830562

pppoe    0.815272

scsi    0.811448

controller    0.801868

interconnect    0.801608

packet    0.799697

vlan    0.797374

dma    0.794083

トークンリング    0.793511

類義語または同義語 ethernet

Article Example
ATA over Ethernet ATAoE は単純なプロトコルだが、その可能性は大きい。それには、以下のような概念が関係してくる。
ATA over Ethernet ATAoE は、ATAコマンド群をサポートした補助記憶装置のセッション層プロトコルである。ディスクの読み書きはブロックと呼ばれる固定サイズのデータ単位で行われる。ブロックサイズは512バイトで固定されている。
ATA over Ethernet ATAoE を使うと、イーサネットには複数のコンピュータが接続されているため、この前提が崩れる可能性が生じる。従来型のファイルシステムではこれは危険であり、ファイルシステムの中身が壊れたり、OSがダウンする事態を引き起こす。
ATA over Ethernet ATAoE ではイーサネットについての以下の点が重要である。
ATA over Ethernet ATAoEターゲット(ストレージ)には、Config String と呼ばれる情報が付与される。これはディスクドライブそのものに格納される情報ではなく、インタフェース部にある不揮発性メモリに格納される。Config String は初期状態では長さゼロであり、その状態のときだけATAoEイニシエータが Config String を設定できる。これを使って、簡単な調停が行える。
Power over Ethernet 給電側機器を「PSE」(Power sourcing equipment)、受電側機器をPD(Powered device)と呼ぶ。
Power over Ethernet 基本的にはPoEに対応した機器同士でなければ利用できないが、給電ユニットや受電ユニットといった外部機器を併設する事により、PoE非対応の機器でも電力供給の恩恵を受ける事は可能である。
Power over Ethernet PoEでは活線挿抜をすると接合部に火花(放電)が発生するおそれがあり、機器トラブルや故障について注意が必要である。(そもそもツイストペアケーブルによるイーサネット自体、活線挿抜を積極的には認めていない)
Power over Ethernet IEEE802.3afを拡張し、2009年9月に標準化されたIEEE 802.3at (PoE Plus) では、1ポートから最大34.20Wを給電し、25.50Wを受電できる。
Power over Ethernet シスコシステムズは、2011年、1ポートから最大60W給電を可能とする、Cisco Universal Power Over Ethernet (UPoE) を発表。