類似の単語または同義語 dungeness

フォーエバーモア    0.948617

firedome    0.946000

städtetages    0.943674

イブキニュースター    0.942361

伊勢ケ浜    0.942058

ホマブルー    0.941569

猫岩    0.939817

nagoyakyuzyo    0.939075

セディックドゥ    0.939035

städtebundes    0.938120

類義語または同義語 dungeness

Article Example
オリンピック半島 またボガシェル川(Bogachiel)、ドースワーリプス川(Dosewallips)、ダンジネス川(Dungeness)、エルワ川(Elwha)、クィーツ川(Queets)、キラユート川(Quillayute)、クィノルト川(Quinault)、ハンプチューリップス川(Humptulips)、スコーコミッシュ川(Skokomish)、ソル・ドゥック川(Sol Duc)などが流れている。
フリーミング・ジェンキン ケント州のDungenessに海軍の軍人の息子に生まれた。母親とスコットランドに近いJedburghで育ち、エディンバラ・アカデミーで学んだ。学友には、有名な物理学者となるジェームズ・クラーク・マクスウェルやピーター・ガスリー・テイトがいる。父親の引退した、1847年からドイツのフランクフルトや、フランスのパリで暮らした。イタリアのジェノアの大学でPadre Bancalariに電磁気学を学び、学位を得た。1850年にマルセイユの工場で働き、1851年にイギリスに戻り、著名なエンジニアのウイリアム・フェアバーン(William Fairbairn)のもとで働いた。その後各地の鉄道の仕事や海底ケーブル敷設の技術開発を行った。1859年の初めに、ウィリアム・トムソン(後のケルビン卿)と知り合い1961年から海中ケーブルの絶縁材の応用、ケーブルの抵抗などの開発にトムソンと協力した。1965年に、王立協会の会員に選ばれ、ロンドン・ユンバシティ・カレッジの教授となった。1868にエディンバラ大学の教授となった。