類似の単語または同義語 dbms

rdbms    0.876234

json    0.818362

sqlite    0.814262

jdbc    0.811824

corba    0.811509

odbc    0.811212

sql    0.810623

posix    0.803126

odbms    0.796211

ldap    0.794944

類義語または同義語 dbms

Article Example
Hibari (dbms) HibariはクライアントAPIとして Amazon S3、JSON-RPC、Universal Binary Protocol に対応し、Apache Thrift に対応する予定もある。またプログラミング言語 Erlang からのアクセスにも対応している。
Hibari (dbms) Hibariは分散システムに適したプログラミング言語Erlangで書かれており、高負荷時でも高い安定性を誇る。Hibariの各ノードは数年間無停止で稼働できることが実運用で確認されており、ソフトウェアのアップグレードもサービス無停止で行える。またJavaで書かれたNoSQLと異なり、64GB程度の大容量のRAMを搭載したサーバーでも、256MB程度の小容量のRAMを搭載した組み込み向けハードウェアでも良好に動作する。
Hibari (dbms) Hibariはノード間のデータ複製にチェイン・レプリケーション方式を採用し、データの持続性や複製されたデータ間の強い整合性を保証する。他の多くの NoSQL と異なり、マイクロトランザクションと呼ばれる限られた範囲のキーに対するアトミックなトランザクションをサポートする。Hibariはデータ操作のレイテンシ(遅延時間)が短く、特にRead操作と200KB前後の大きなバリューの扱いにおいて、他の多くのスケールアウト型 NoSQLよりも高い性能を発揮する。
Hibari (dbms) Hibari(ひばり)はデータの強い整合性と高可用性を保証するスケールアウト型分散キー・バリューストア。NoSQLデータベースに分類される。東京に本社を置くクラウディアン社(旧ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ)が、モバイル・メッセージングに適したデータベースとして2005年から開発を始め、2010年7月27日にオープンソースソフトウェアとして公開した。  日本の大手Webメールのストレージとして採用された実績がある
Hibari (dbms) Hibariは漢字で「雲雀」と書き「クラウドの小鳥」を表す。クラウドコンピューティングに適し、SNS(ソーシャルネットワーク)のような、わずか1日でテラバイトもしくはペタバイト規模のデータを生み出すようなサービスで使用できる。
Hibari (dbms) Hibariは一般的なIAサーバー(x86サーバー)だけでなく、ARMアーキテクチャのスケールアウト型サーバーなどでも動作する。サービスの稼働中にサーバーノードを追加することで、処理性能とデータ格納容量をリニアにスケールさせることができ、ある商用サービスでは1つのHibariクラスタで約60台のIAサーバーが用いられている。Hibariクラスタの上限台数ははっきりとしていないが、ノード間の通信帯域がボトルネックになるケースが多い。2013年時点の標準的なサーバーハードウエア構成では、事実上の上限は250台程度と考えられている。
Hibari (dbms) Hibariにアクセスできる言語には Java、C言語、C++、Python、Ruby などがある。
オブジェクトデータベース オブジェクトデータベースのデータベース管理システム (DBMS) を、
データベース管理システム 以下に DBMSの、主な機能を示す。
超高速データベース メモリDBMS系を指す事も多いようである。