類似の単語または同義語 cuda

opencl    0.866779

physx    0.826888

opengl    0.811333

shader    0.806781

nvidia    0.796832

simd    0.790883

シェーダー    0.788524

directx    0.787122

powervr    0.784065

asic    0.784035

類義語または同義語 cuda

Article Example
CUDA C言語以外からCUDAを呼べるようにしたバインディングがある。
CUDA CUDA Runtime API :: CUDA Toolkit Documentation - 3.16. Direct3D 11 Interoperability
CUDA CUDAは実行環境デバイスの世代(Compute Capability)に応じた専用バイナリコードを生成できるほかに、PTX () と呼ばれるNVIDIA独自のGPU中間命令(中間言語)を生成することができる。PTXを利用することで、実行時にCUDAドライバーによって実行環境に合わせた最適なコードを生成することができるようになる。
CUDA CUDA Toolkit 8.0の対応OSは、Windows 7、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2、Fedora 23、OpenSUSE 13.2、RHEL 6/7、CentOS 6/7、SLES 11/12、Ubuntu 14.04/16.04、OS X 10.11/10.12である。
CUDA もともとリアルタイムグラフィックス表示用途、特にゲームグラフィックス用途に特化したGPUを開発していたのがNVIDIAやATI (現AMD) であるが、プログラマブルシェーダーの発展によるプログラマビリティの向上を受け、その高い処理性能をグラフィックス以外にも活用できるようにするためにNVIDIAが開発したのがCUDAである。このような汎用コンピューティング向けのGPU活用技術をGPGPU (General-Purpose computing on Graphics Processing Units) と呼ぶ。
CUDA なお、CUDAの発表は2006年11月、CUDA 1.0の提供開始は2007年7月であり、後発のGPGPU関連技術にはOpenCL (1.0仕様公開は2008年) やDirectCompute (DirectXコンピュートシェーダー。Windows 7/DirectX 11.0と同時に2009年に一般提供開始) などが存在するが、それぞれ技術用語は異なるものの全体としてはCUDAに非常に似通った特徴を持つ。先発技術であるCUDAは、2014年時点で教育・研究機関での採用事例が多いほか、機械学習などの分野で産業界でも採用への取り組みが進んでいる。
CUDA CUDA C はC言語とC++の一部の構文のみ対応。C言語を拡張している。CUDA C/C++のソースコードの拡張子には通例.cuが使われ、ヘッダーの拡張子には.cuhが使われる。BLASインターフェイス経由でベクトル・行列演算が可能(cuBLAS)。FFTライブラリ(cuFFT)も付属する。SDKとなるCUDA Toolkitには、CUDA実装によるC++向けのテンプレートベース並列アルゴリズムライブラリ「Thrust」も付属する。
CUDA なおCUDAバージョン7では、C++11規格のサポートが強化され、デバイスコードにおけるラムダ式の利用などが可能となっている 。
CUDA CUDAバージョン8では、機械学習向けのライブラリが強化され、Pascalアーキテクチャの固有機能を利用した拡張が多数追加された。
CUDA 他にも、Ruby, Lua, MATLAB, IDL, Mathematica などもある。