類似の単語または同義語 ata

scsi    0.794433

sata    0.772369

atapi    0.747680

dma    0.738885

ethernet    0.734049

uart    0.731842

eia    0.711519

mpu    0.707519

ansi    0.705542

lba    0.701296

類義語または同義語 ata

Article Example
シリアルATA 中心規格として、1.5Gb/s・3Gb/s・6Gb/sのデータ転送速度を持つ3つの規格があり、いずれの製品も互換性がある。異なる規格の製品を接続した場合、低い性能に合わせて機能する。ただし、通常の内部機器用、外部機器用、小型機器用でそれぞれコネクタが異なり、物理的に接続できない。
シリアルATA 3つの規格は、一般にそれぞれ「シリアルATA 1・2・3」(Serial ATA I/II/III) とも呼ばれるが、これは公式な規格名称ではない。製品名称や宣伝における表記では、
シリアルATA また、シリアルATA 2という表記は当初、商品性能表記での混乱などもあり、特定の機能であるNCQや転送速度3Gb/sを表す名前だという誤解があった。実際には、機能と速度が別々の規格となっており特定部分のみを採用した製品も可能である。2005年にはこのような誤解を避けるため、従前の規格を単一規格にまとめたSerial ATA Revision 2.5が発表された。
シリアルATA Advanced Host Controller Interface (AHCI) は、Serial ATA Revision 2.0 と密接な関連を持つものの、ホストコントローラーの規格であり、シリアルATA規格に含まれるものではない。
シリアルATA 2005年8月23日付 SATA-IO、シリアルATAのRevision 2.5仕様を策定
シリアルATA External Serial ATAの略称。Serial ATA Revision 1.0aの拡張規格で、字の綴りから「イーサタ」等とも呼ばれる。外付けドライブ向けに定義されたもの。
シリアルATA 各電圧は3ピンで構成され、1ピン当たり1.5Aを供給できる。
シリアルATA シリアルATA(SATA、S"erial" ATA、シリアルエーティーエー、エスアタ、サタ、セイタ)とは、コンピュータにハードディスク、SSDや光学ドライブを接続する為のインタフェース規格である。2010年時点において、SCSIやパラレルATAに代わって主流となっている記録ドライブの接続インタフェース規格である。
シリアルATA シリアルATA 2 ワーキンググループ (Serial ATA II
シリアルATA 発売当初は形状の規格が混乱した状態にあった。その為当初市場に出回った非常に「抜け易い形状」のシリアルATAケーブルやコネクタが混在する点には注意が必要である。