類似の単語または同義語 asustek

microchip    0.723630

netlogic    0.705612

zilog    0.704289

electronics    0.702993

gigabyte    0.702923

telephony    0.698985

aopen    0.696295

neweb    0.688754

supermicro    0.681517

タンデムコンピューターズ    0.677083

類義語または同義語 asustek

Article Example
ASUSTOR ASUSTek および ADATA の出資で2011年に設立されたASUSグループ企業のひとつである。
Unified Extensible Firmware Interface 2011年、ASRock、ASUSTeK、GIGABYTE、MSI 、BIOSTARなどがインテルの6-series LGA 1155 チップセットおよびAMDの 9 series チップセットを使ったコンシューマ向けマザーボードでEFIを採用している。
ASUS ASUSTeK Computer Inc.(エイスーステック・コンピューター・インク)は、中華民国(台湾)台北市に本社を置くPCおよびPCパーツ、スマートフォン、周辺機器製造メーカー。日本法人はASUS JAPAN株式会社。「ASUS」の日本語での正式な読みは、現在「エイスース」とされている(発音に関する経緯は下記を参照)。
ASUS 正規流通ルート以外の輸入品は並行輸入品扱いとなる。上記の代理店以外に販売された製品を許可無く日本に持ち込んだ場合、並行輸入品と見なされて正式なサポートが受けられなくなるとASUSTeKの本社が公式に表明している。
Splashtop ヒューレット・パッカードやASUSTeK Computer、Lenovoが製造しているPCの一部にはSplashtopの技術をベースとしたOSをインストールしているものがある。WindowsなどのOSとマルチブートさせており、何らかの操作をユーザーが行うことでSplashtopが起動するようになっており、これをクイック起動モードなどとしてユーザーに提供している。
ビデオカード かつてビデオカードはダイヤモンド・マルチメディアやELSAなどの各ビデオカードメーカーがベンダーからGPUを購入し、設計・製造を行ったものが販売されていた。しかしこの方式はメーカーごとの製品の品質のばらつきが大きいという問題があった。このため、ベンダーがGPUに対応するビデオカードのリファレンスデザインをメーカーに提供し、メーカーはリファレンスデザインに沿った製品の販売を行うという形態が2000年代頃から主流になった。これに伴い、2000年代後半以降はASUSTeK Computer、GIGABYTE、MSIなどのマザーボードメーカーが手がけるビデオカード製品が多くを占めるようになっている。
ASUS 日本人に馴染みのあるローマ字や英語とは異なる読み方であるため、誤って読まれることも少なくない。コンピュータ関連用語の読み方の話題では必ずと言っていいほど「ASUS」が取り上げられる。日本国内では「アスース」「エーサス」「アサス」、英語圏では「エイスス」に近い発音で読まれることが多い。中国語表記の発音は上記いずれとも全く異なり、「華碩」と書いて「フアシュオ」に近い発音となる。しかし、おおむねどの読み方でも通じる。ASUSTeKは「どんな読み方をしても、ASUSに親しんでくれればいい」として放置、呼称に対する同社の曖昧な姿勢が混乱を招いていた。2010年12月に、「Eh-SUS」という発音表記の書かれた画像と、それを発音する動画がEngadgetにおいて公開された。なお、同サイトの記事では古い発音として、最後に「アスース」と発音している以前のYouTubeのオフィシャル動画も示されている。