類似の単語または同義語 雪煙

ツィタデッラ    0.672625

vatnsfjörður    0.659920

sirosuna    0.658020

エヴォスモス    0.657557

アナザーデイ    0.657557

堂平山    0.655428

中国セルラー電話    0.655352

アンバゾニア    0.654570

キヘ    0.653827

チェセバ    0.653796

類義語または同義語 雪煙

Article Example
開田高原マイアスキー場 まれに3月後半のシーズン終了間際にもふわふわのが舞い上がるパウダーを味わえることもある。
鉄道模型シミュレーター 公式ブログで、鉄道模型シミュレーター5の機能を応用して(本来の鉄道模型ではありえない)の発生を再現する方法も紹介された。
泡雪崩 通常の雪崩のような雪塊の落下とは違い、雪崩を構成するが最大で200km/h以上の速度で流下する。その衝撃力は数百キロパスカル(建造物などを破壊するほどの力に相当する)に達し、大きな被害をもたらすと考えられている。
泡雪崩 この破壊力に関して、爆風が発生すると誤解されることが多いが、実際は、が空気と雪粒の混合体であるがゆえ生じる衝撃圧による。この誤解は『高熱隧道』の記述によって広まったとされている。
旋回窓 自動車ではロータリー式除雪車、鉄道車両では雪かき車などに採用例が見られる。ワイパーでは除雪作業中に連続して降りかかるの払拭が間に合わず、低温下では雪の飛沫がウインドシールド表面に凍結し、湿潤な雪ではワイパーアームの押し退けた雪が落下せず窓枠部分に徐々に溜まってワイパーの払拭範囲が狭められ、ワイパーアームやモーターにも無理な力がかかるなど、適していない。
雪女 伝承では、新潟県小千谷地方では、男のところに美しい女が訪ね、女は自ら望んで男の嫁になるが、嫁の嫌がるのを無理に風呂に入れると姿がなくなり、男が切り落とした細い氷柱の欠片だけが浮いていたという(⇒つらら女)。青森県や山形県にも同様の話があり「しがま女房」などと呼ばれる。山形県上山地方の雪女は、雪の夜に老夫婦のもとを訪ね、囲炉裏の火にあたらせてもらうが、夜更けにまた旅に出ようとするので、翁が娘の手をとって押し止めようとすると、ぞっとするほど冷たい。と、見る間に娘はとなって、煙出しから出ていったという。また、姑獲鳥との接点も持っており、吹雪の晩に子供(雪ん子)を抱いて立ち、通る人間に子を抱いてくれと頼む話が伝えられる。その子を抱くと、子がどんどん重くなり、人は雪に埋もれて凍死するという。頼みを断わると、雪の谷に突き落とされるとも伝えられる。弘前では、ある武士が同様に雪女に子供を抱くよう頼まれたが、短刀を口に咥えて子供の頭の近くに刃がくるようにして抱いたところ、この怪異を逃れることができ、武士が子供を雪女に返すと、雪女は子供を抱いてくれたお礼といって数々の宝物をくれたという。次第に増える、雪ん子の重さに耐え抜いた者は怪力を得るともいう。