類似の単語または同義語 英国

イギリス    0.864784

米国    0.774658

アメリカ    0.743594

スコットランド    0.696784

アイルランド    0.683333

フランス    0.667111

カナダ    0.663707

イングランド    0.658875

ドイツ    0.642069

オーストラリア    0.620737

類義語または同義語 英国

Article Example
占領 1940年代早々にはナチス・ドイツに敗北し本土は占領された。国王ジョージ6世とウィンストン・チャーチルはカナダへ亡命し、オズワルド・モズレーはドイツに非協力的な態度でロンドン塔に幽閉されていた。ドイツはウィンザー公を新たな君主として即位させるため妻のウォリス・シンプソンと共にに帰還させた。レジスタンス活動は国外と協力して密かに続けられていた。
占領 ペニーはグラース将軍直属の英独友好同盟の軍曹として働き始めるが、占領軍の中ではドイツ国防軍と親衛隊の軋轢に悩まされ、民としては占領を潔しとしない者達からは対独協力者として白い目で見られ、占領軍に取り入ろうとする者達からは嫉妬の念を抱かれてしまう。ペニーは故郷で戦争から帰還してきた幼馴染達と旧交を温めると共に彼らのレジスタンス活動に協力するようになるが、ある日レジスタンス活動中に逮捕された幼馴染の一人がペニーの目の前で死亡するという事件が起きた。友人の死後、一層レジスタンス活動に深入りするペニーだったが、ドイツ側に妨害されるレジスタンスの行動も少なくなかった。
策論 実際、西郷隆盛らは、それがの公式な政策であるかのごとく語っていたと言われている。
学派 1959年に、ロックフェラー財団の後援で組織された「国際政治理論委員会 the British Committee on the Theory of International Politics」が、のちに学派と呼ばれる潮流を形作ったとされる。この委員会には、委員長を務めたハーバート・バターフィールドのほか、マーティン・ワイト(国際関係論)、デスモンド・ウィリアムズ(外交史)、ドナルド・マッキノン(哲学)、マイケル・ハワード(軍事史)、ヘドリー・ブル(国際関係論)に加えて、アダム・ワトソン(外務省)とウィリアム・アームストロング(財務省)の実務家が参加した。1959年から3年間続いた委員会における議論の成果は、1966年に、"Diplomatic Investigations" として刊行された。
学派 ティム・ダンの研究に代表される学派の出自を「委員会」に求める見解に対しては異論があり、チャールズ・マニングと、彼が教鞭を執っていたロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの貢献を重視する見方もある。
学派 オーレ・ヴェーヴァの分類に従えば、学派の歴史は4つの時期に区分できる。
学派 バリー・ブザンが中心となって、学派に関する研究プロジェクトが開始され(外部リンク参照)、イギリス国際関係学会(BISA)に専門部会が設置された1999年をもって、第5期に入ったとみなすこともできる。
規格 規格はボルトやねじ、プラスティックといった素材から鉄道、造船、航空機、コンピュータなどあらゆる分野にわたり、製品やサービスの品質・安全性を取り決め、規格している。25,000を超える規格が発行されている。認証マークは凧のようなその形態にちなみ、カイトマークと呼ばれている。
規格 1998年から2007年までの間、下記組織を買収。CEEM(U.S.A.)、Mertcontrol(Hungary)、 International Standards Certification Pte Ltd(Singaore)、KPMGの北米のISO審査事業、LW Cargo Survey AB(Sweden)、KPMG Certification B.V(Holland)、NIZ ZERT(Germany)、Entropy International Ltd(UK)、Benchmark Certification Pty Ltd( Australia)
一方、小評議会は、後に国王評議会(King's council)に発展した上で、財務府と大法官とに分かれた。1272年にエドワード1世が即位すると、国王が自ら裁判所を主宰することもなくなったことから、財務府は、「王座裁判所」(Court of King's Bench)、「財務府裁判所」(Court of Exchequer) 、「人民間訴訟裁判所」(Court of Common Pleas)の3つに分かれて発展し、コモン・ロー裁判所(common-law court)と呼ばれるようになった。