類似の単語または同義語 筑馨

薛安    0.789384

宇郡    0.770991

ホテルニューアルカイック    0.747441

曰第    0.746523

ワッゲンオッゲン    0.743015

匀県    0.738517

於岐    0.732513

ポートア    0.728489

匀市    0.723388

宇多川    0.718099

類義語または同義語 筑馨

Article Example
六(つづき けいろく、1861年3月27日(万延2年2月17日) - 1923年(大正12年)7月6日)は、日本の官僚、外交官、政治家。貴族院議員、枢密顧問官、法学博士、男爵。都築と表記される場合がある。
高崎藩名主・藤井安治の二男として生まれ、西条藩士・都筑侗忠の養子となる。築地大学校、東京開成学校を経て、1881年7月、旧東京大学文学部(政治理財学専攻)を卒業。1882年2月、ドイツに留学しベルリン大学で政治学を学んだ。
1907年6月、法学博士号を授与された。1908年8月、男爵を叙爵。1909年2月23日、枢密顧問官となり死去するまで在任した。
1886年5月に帰国し外務省に入り、公使館書記官兼外務省参事官に就任。外務大臣秘書官を経て、1888年1月、フランスに留学。1890年3月に帰国し内閣総理大臣秘書官となる。以後、法制局参事官、兼内閣総理大臣秘書官、内務省土木局長、兼内閣総理大臣秘書官、図書頭、文部次官、外務省参事官、外務次官などを歴任。
1899年4月、貴族院勅選議員に任じられ、1909年2月27日まで在任。1903年7月、枢密院書記官長に就任。1907年4月、特命全権大使に任じられ、ハーグで開催された第2回万国平和会議に委員として派遣され、ハーグ密使事件の対応に当っている。
ハーグ密使事件 日本は万国平和会議の首席代表として派遣されていた都六特命全権大使がこの事件に対応した。また大阪毎日新聞から派遣されていた高石真五郎は連日、特派員電として現地の情勢を伝えた。この時、高石は日本人としてただ一人、密使と面会している。
水野錬太郎 1871年(明治4年)廃藩置県により、1874年(明治7年)一家は東京に戻る。1882年(明治15年)頃、錬太郎は両親を失う。神田の共立学校を経て、大学予備門(のちの一髙)に入学、帝国大学法科大学(現在の東京大学法学部)を明治25年に卒業、穂積陳重教授の推薦で渋沢栄一の第一銀行に就職するが、明治26年梅謙次郎教授の勧誘により農商務省鉱山局に入る。明治27年、当時、内務省土木局長の都六(1861-1923)(貴族院議員、男爵、枢密顧問官)から招かれ、内務省に入る。社寺局長、地方局長などを歴任、内務の大御所と言われる。
千賀鶴太郎 備前国生まれ。9歳で岡山藩藩学に入り、遺芳館(池田光政の諡・「芳烈公」に因む)で修行し、明治7年(1874年)に上京。小松原英太郎、関新吾、山脇巍らと上京し慶應義塾に学ぶ。明治9年(1876年)から明治13年(1880年)まで慶應義塾の派遣職員となって、中村敬宇の同人社に入りのちに塾頭となる。明治17年(1884年)から明治32年(1899年)までドイツに滞在。ベルリン大学に学び、訪独中の内相山県有朋に都六を紹介される。明治30年(1897年)ベルリン大学法科学位を受ける。明治32年(1899年)に京都帝国大学法科大学が開設すると、羅馬法担当となり京都法政専門学校、関西法律学校教授を兼任、明治34年(1901年)に法学博士。明治40年(1907年)京都帝国大学評議員。大正3年(1914年)第三高等学校講師、大正5年(1916年)高等官一等一級、大正8年(1919年)正四位、大正12年(1923年)京都帝国大学名誉教授。昭和4年(1929年)に死去し、従三位勲二等を追贈された。