類似の単語または同義語 池袋ターミナルビル

ホテルエドモント    0.676539

メトロポリタンプラザ    0.608540

ホテルメッツ    0.605551

アトレ    0.599857

ホテルパシフィック東京    0.580232

東急ホテルチェーン    0.577878

日新観光    0.562988

サンルート    0.561564

granduo    0.561304

テーオーシー    0.559292

類義語または同義語 池袋ターミナルビル

Article Example
ターミナルビル ターミナルビル株式会社(いけぶくろターミナルビル)は、過去に商業施設、オフィスビル、ホテルを運営していたJR東日本グループの企業。2010年4月1日、吸収合併により解散した。
メトロポリタンプラザ 1992年6月の「メトロポリタンプラザ」開業時には、ターミナルビル株式会社(旧:池袋ターミナルホテル株式会社)が運営会社であった。2004年4月に、ターミナルビル株式会社(株式会社ホテルメトロポリタンに商号変更、現:日本ホテル株式会社)が会社分割を行い、新設の(新)ターミナルビル株式会社に運営が移っていた。
メトロポリタンプラザ メトロポリタンプラザ全体の管理運営も株式会社ジェイアール東日本ビルディングに継承される(ターミナルビル株式会社を吸収合併)。
メトロポリタンプラザ 2010年4月1日に、ショッピングセンター部分の運営会社をJR東日本グループの株式会社ルミネに移管(ターミナルビル株式会社から吸収分割)し、ショッピングセンターが「ルミネ池袋」に改名された。
ホテルメッツ しかし1999年(平成11年)、JR東日本グループの経営方針の一環で、東京都をはじめ関東地方に所在するホテルメッツの運営体制が集約されることになり、当時ホテルメトロポリタンを運営していた「ターミナルビル株式会社」が子会社「メッツホテルアンドレストラン株式会社」を設立し、同社が首都圏のホテルメッツの店舗運営を担うことになった。
メトロポリタンホテルズ ホテルメトロポリタンの運営会社を遡れば、「池袋ターミナルホテル株式会社」として1981年(昭和56年)11月に設立されている。1985年(昭和60年)に開業し、翌1986年(昭和61年)に「ターミナルビル株式会社」に商号変更された。これは、池袋駅メトロポリタン口に建設されるメトロポリタンプラザ(商業施設・オフィスの複合ビル)も運営するためであった。
ホテルメトロポリタン 決定に基づき、2004年(平成16年)4月にターミナルビル社はメトロポリタンプラザ事業部門を会社分割によって(新)ターミナルビル株式会社を設立し譲渡。旧社は株式会社ホテルメトロポリタンへ社名変更した。分割実施まで持分法適用会社としていた東武鉄道は資本を引き上げ、両社とも株主構成はJR東日本が98.75%、鉄道会館が1.25%出資するJR東日本の連結子会社となった。
ホテルメッツ さらに2007年(平成19年)4月には、東京ステーションホテルやメトロポリタンホテルズも含めたJR東日本ホテルズの運営体制が一本化されることになり、株式会社ホテルメトロポリタン(上記のターミナルビルが会社分割および商号変更した企業)を存続会社に、メッツホテルアンドレストラン、日本ホテル、ホテルエドモントを吸収合併した上で、ホテルメトロポリタンの商号を「株式会社日本ホテル」に改称した。これ以降、関東地方のホテルメッツは同社が店舗運営を行っている。
ホテルメトロポリタン 池袋ターミナルホテルは1992年(平成4年)開業のメトロポリタンプラザ事業に携わるため「ターミナルビル」へ社名変更し、双方の運営を担っていた。また、1996年(平成8年)には同社によって「ホテルメッツ浦和」が開業し、ビジネスホテル運営にも進出した。さらに1999年(平成11年)にJR東日本の方針によって、メッツホテルアンドレストラン株式会社を子会社として設立し、東京都隣接県のホテルメッツ運営を集約した。この方針から2000年に開業した「メッツ溝の口」以降、同社運営の新設のメッツには飲食店としてメトロポリタンの中国料理レストラン「桂林」の姉妹店「チャイナ桂林」を設置している。
ホテルメトロポリタン 1990年代中盤からホテル事業のチェーンオペレーションを推進するにあたって、首都圏において営業地域が重複しているにもかかわらず、ターミナルビル、ホテルエドモンド、(旧)日本ホテルと3つのホテル企業を抱えることの非効率性がJR東日本社内で指摘され始めた。このため、同社内でホテル事業の在り方が議論され、2002年にホテルチェーン全体の機能強化とレベルアップを図るために3ホテル事業を統合し、経営基盤の強化することを基本施策とする事業の再編成を行う方針を決定した。