類似の単語または同義語 東亜

亜細亜    0.661966

共栄    0.574291

興亜    0.541240

善隣    0.520328

正篇    0.512139

東洋    0.502771

三商    0.499709

正堂    0.497239

聯合    0.496468

東邦    0.495803

類義語または同義語 東亜

Article Example
また「」という表現は「西欧」(ここでは西ヨーロッパではなくヨーロッパ全体のことを指す)に対するアジア全体を指す呼び名として考える場合もある。
(とうあ)とは東アジアを指す言葉であるが、大戦争(太平洋戦争)における、「大共栄圏」を連想させることから、現在使用されることは少ない。
第二次世界大戦以後は社名などの固有名詞として残っている。
大学 綾羅木郷遺跡、壇ノ浦の戦い、巌流島の決闘、そして幕末から明治維新と、日本史上の数々の舞台が大学からほど近くに点在しており、歴史の息吹を感じられる落ち着いた環境の中にある。また、大学が置かれる下関市が、関門海峡を挟んで九州からの本州の玄関口であるという地理上の特性と、本学からJR新下関駅が徒歩圏内にあるというアクセスの良さから、県外から通う学生や教員も珍しくない。
大学 スポーツ系のクラブ活動も盛んであり、なかでも野球部と男子バレーボール部は強豪で、プロ選手および日本代表選手を輩出している。特に、野球部は、大学野球の最高峰である明治神宮野球大会を3度(1994年、2003年、2004年)制覇している。サッカー部は、第76回天皇杯全日本サッカー選手権大会に山口県代表として全国大会に初出場している。
放送 日報の取材力を生かして報道番組に力を入れ、開局1年後にはソウル・首都圏で聴取率1位を獲得した。しかし朴正熙政権に批判的であった日報が、1974年12月末から政府の圧力で大半の広告を解約される事態(日報広告弾圧)が、翌1975年1月に放送にも波及した。2月には弾圧前の91.7%の広告が解約され、コスト削減のため深夜番組の休止に追い込まれた。7月に広告弾圧が終結してからも苦境は続き、聴取率1位の座を東洋放送 (TBC) に譲った。ゲストとの公開トークショー『ゆかいな応接室』や、報道ドキュメンタリー『DBSリポート』やラジオドラマなど、人気番組が数々存在した。
日報 日報(とうあにっぽう、朝鮮語読み:トンアイルボ)は、大韓民国の日刊新聞(朝刊)である。日本統治時代の1920年4月1日に創刊。本社をソウル特別市鍾路区に置く。発行部数は2,068,647部(韓国ABC協会への申告部数、2003年10月-12月)。朝鮮日報、中央日報とともに韓国の三大紙と称され、中央日報と発行部数第2位の座を競っている。
日報 読者層には知識人が多く、他紙と比較して漢字の使用頻度が高いと言われていた。それでも時代の流れには抗えず、1998年1月1日にはレイアウトを横組みに改め、見出しの一部を除いて漢字の使用を中止。 民主化の進展と共に、政論よりも生活情報を重視する紙面作りに方針転換した。
日報 同紙日本語版ホームページでは、全記事にナレーションが付いている。記事の本文上(題文下)の「記事を聞く」をクリックすると聴くことができる。人名(朝鮮人)の姓は朝鮮読み、名前は日本語読み(一部訓読み)で読まれている。朝鮮語版・英語版・中国語版でも同様のサービスが存在する。
最高顧問 - 鎌田富雄