類似の単語または同義語 昌太朗

﨑歩    0.749112

﨑将    0.743964

﨑駿    0.737760

益坂    0.723543

池心    0.663569

若市    0.659825

柊二    0.650876

﨑想    0.640337

安竹    0.629257

繁之    0.617135

類義語または同義語 昌太朗

Article Example
黄金の風 著者は宮、大塚ギチの二名の共作。2001年5月31日初版刊行。
花柳壽輔 (3代目) 1935年、二代目花柳壽輔(のちの花柳壽應)の長女として、銀座 木挽町に生まれる。物心ついた頃から父の厳しい教えを受け、5歳で初舞台を踏み、6歳の6月6日には、花柳流で最初に教わる『菊づくし』を習得。しかし親子による稽古は必要以上に厳しくなるので、菊づくしの後に習う『羽根の禿』以後は、花柳が指導を行うことになった。その後によって『羽根の禿』を習得するが、この頃から戦火が激しくなり疎開を余儀なくされ、一時舞踊から離れることになった。
花柳壽輔 (3代目) 終戦後に東京に戻った若葉は、青山学院の中等部、高等部を卒業し青山学院女子短期大学国文科に入学する。勉強を好んだ若葉は家元にならず大学へ進学することを考えていたが、二代目壽輔の一人娘ということもあり進学を断念。疎開以来中断していた稽古を再びの下で再開する。短大卒業後は、二代目壽輔によって家元を継ぐ者としての厳しい教育を受けた。二代目壽輔は、「宗家の座が血脈によって受け継がれる」という戦後の慣習に抵抗を持ち、また大変な仕事である家元を女性には任せられないと考えていたが、花柳流の中で家元にふさわしい実力を認めたのは若葉のみだった。
花柳千代 1924年に商家に生まれる。1930年の6月6日に日本舞踊の稽古を始める。花柳応輔に教えを受け、1940年に花柳流より花柳千代の名を許される。名取となり花柳寿輔、花柳に師事した。古典舞踊研究会にて若柳吉登代に舞踊師匠としての薫陶を受ける。1945年11月14日に目白文化協会(会長:徳川義親)の後援により、徳川講堂で第1回の八千代会の勉強会を立ち上げる。1951年に花柳千代舞踊研究所を設立した。徳川義親から紹介された鈴木鎮一の才能教育の話に影響を受け、日本舞踊の基本練習の研究に取りかかる。以後、東京新聞社主催の全国舞踊コンクールでは36回の指導者賞、門下生が15回の文部大臣賞を受賞した。