類似の単語または同義語 敦賀

小浜    0.720788

福井    0.665954

鯖江    0.614791

米原    0.607758

糸魚川    0.606489

越前    0.606021

あわら    0.603446

珠洲    0.603016

金沢    0.585877

宮津    0.584114

類義語または同義語 敦賀

Article Example
(つるが)
インターチェンジ 当ICの北方には上り線が下り線をオーバークロスする部分がある。また南方のJCTで舞鶴若狭自動車道が接続する。山間部にあるため、北隣の今庄インターチェンジとは約22km、南隣の木之本インターチェンジとは約24km離れている。
三方を山に囲まれた天然の良港であり、古代から栄え渤海使の為に松原客館が置かれていた。鎌倉時代にはやや衰退したと考えられるが、戦国時代には朝倉氏の保護を受けて再興された。さらに朝倉氏を破った織田信長やその事実上の後継者である豊臣秀吉らによって日本全国が平定された安土桃山時代には、全国的に海運が盛んになったことから発展し、ここを拠点とする豪商も生まれた。江戸時代初期には北陸地方などからの米等を運んできた船が多く入港したが、中期には西廻り航路の開発により一時的に停滞する。しかし、米に代わって、関西地方や琉球王国向けの北海道のニシンや昆布等が主要な物産として活気をもたらした。幕末の1858年には大野藩所有の西洋式帆船「大野丸」が母港とし、1882年の鉄道開通は港に更なる繁栄をもたらし、1892年には北前船の船主であった大和田荘七(おおわだ しょうしち、1857年 - 1947年)によって大和田銀行が創立された。
港は湾奥の旧笙の川河口周辺を起源としているが、現行の港の区域は、半島が先端部で大きく南東へ垂れ下がった地形の先にある明神崎と、ほぼその延長上に位置し越前海岸側から湾へ突き出ている松ヶ崎を結んだ直線より南西側としており、湾の面積の約半分を占める。
港のシンボル地区で、ウォーターフロントには金ヶ崎緑地、きらめきみなと館や旧港駅舎、赤レンガ倉庫、倉庫群など港町を代表する施設が集積する。
トンネル 国道8号の隧道は、南越前町大谷と市元比田を結ぶトンネルである。
トンネル 換気装置として、多くのジェットファンが設けられており、合計15本以上(2本1組)ある。
トンネル 福井県南条郡河野村(現在の南越前町)大谷から同県市杉津までの5.2kmで、事業費は8億600万円であった。当初の計画では1992年(昭和67年=平成4年)7月7日までの30年間、料金徴収を予定していたが、19年半近く早く償還完了して国に移管された。
トンネル 前述の国道8号トンネルよりも東南の内陸に造られたトンネルである。側坑口の標高は256.9mであり、これは北陸自動車道の最高地点でもある。
トンネル 側坑口での高低差をつけるために、上下線トンネルとも下り勾配になっている(特に上り線は顕著)。そのため、トンネル内に設置されている電光の道路情報掲示板には速度超過を警告するメッセージも流れるようになっている。また、出口では積雪など気象条件が大きく変わる上に、下り線出口付近は急カーブであるため、重大事故が発生している。