類似の単語または同義語 忠勤

下向    0.633738

帰参    0.633536

仕官    0.629718

諫言    0.626220

臣従    0.617829

禅譲    0.614788

讒言    0.601769

厚遇    0.598885

出奔    0.595364

帰順    0.589758

類義語または同義語 忠勤

Article Example
西郷清員 生涯、家康の覚えめでたいぶりを見せた。
日羅関係 786年に唐へ朝貢し、徳宗からは新羅の長年のを慰撫する詔書をもらっている。
小早川政景 政景は京都にも在住し、幕府・六波羅探題へを励み、正応元年(1288年)、新たに備前国裳懸荘(岡山県瀬戸内市邑久町虫明)の地頭職を得ている。 
アーサー・ギネス ギネス父子は1752年にプライスが死去するまで仕えた。プライスは死去に際してギネス父子のに感謝して2人にそれぞれに100ポンドという大金を遺贈している。
クリミアゴート族 クリミアゴート族は、ドロス(後の)周辺を牙城に存在し続け()、1500年代にクリミア・ハン国に組み込まれるまでの間、族長が東ローマ帝国、ハザール、キプチャク・ハン国、蒙古、ジェノヴァ共和国などの列強にを誓った。
豊島輝時 景村は新田義貞、義興に属して南朝にし、従五位下左近大夫に任じられる。輝時も従五位下兵部大輔に任ぜられた。
山野辺義逵 延享4年(1747年)、老齢のため子の義胤に家督を譲り隠居。野山と号した。多年にわたるを賞されて隠居料50人扶持を与えられた。
土井利恒 土井利忠の三男として生まれる。幼名は捨次郎。文久2年(1862年)4月13日、父利忠とともに江戸へ出発し、5月に正式な嫡子とされ、7月に利恒と改名した。11月6日、利忠は隠居して利恒が家督を相続した。このとき、利忠以来恒例となった藩主直書を大野城に送った。利忠の直書では天保元年(1830年)の大野初入部以来の家臣のに感謝した上で、利恒へ一層のを求め、利恒の直書では当分の間は利忠の政策を受け継ぎ、父に変わらぬを要請した。
伊集院忠国 島津宗家と対立していた忠国は『島津家文書』などで「兇徒」「賊徒」などと記されているが、明治になって南朝へのが認められ、従三位の位が贈られている。
ボルコ1世 (オポーレ公) 1300年、ボルコ1世はヴァーツラフ2世のヴィエルコポルスカへの旅行の伴をし、その旅の途中で行われたヴァーツラフ2世のポーランド王戴冠式に出席した。直後、ボルコ1世は国王に対するを認められ、クラクフの代官(スタロスタ)に任じられた。