類似の単語または同義語 富山

福井    0.772151

砺波    0.701290

魚津    0.690203

新潟    0.689546

長野    0.674088

石川    0.668206

岐阜    0.661995

新湊    0.659071

金沢    0.639402

射水    0.635666

類義語または同義語 富山

Article Example
、冨山、當山(とやま、とみやま、とみさん、ふざん)
ライトレール港線 JR西日本運営時と比較してライトレール移管直後に列車運行本数が約3倍と大幅に増加し、利便性が向上した。
ライトレール港線 JR線時代は各駅ともに朝夕は利用客が多く、1駅1本あたり40人程度が乗降していたが、昼間は利用客は少なかった。当線と同じく県内にある氷見線・城端線と同様、いわゆる「盲腸線」であった。
ライトレール港線 移管開業の直前には1日当たりの利用者の目標を、JR時代の2002年度の実績(定期券などの売上からの換算)に相当する3400人としていた。しかしJRとしての運営終了日から約5か月前の2005年(平成17年)秋に行われた利用者の実数調査では、10月2日(日)に1045人、10月6日(木)に2266人という結果が公表され、さらに工事期間中に運行されていた代替バスについては、2006年(平成18年)3月1日から28日の期間で1日当たりの利用者が、平日1776人、土休日744人という結果が公表されていた。そのため、ライトレール化による利便性向上に懐疑的な向きからは前途は厳しいという見方がなされたこともあった。
ライトレール港線 なお岩瀬浜駅にはフィーダーバスのほか、土休日限定で射水市コミュニティバスが乗り入れており、万葉線との乗り継ぎも実現している。
ライトレール港線 表中、輸送人員の単位は万人。輸送人員は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
ライトレール港線 鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋
ライトレール港線 鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋
ライトレール港線 2006年(平成18年)3月23日から30日にかけてすべての車両が新潟トランシスからトレーラーで城川原駅東側に輸送され、クレーンで車両基地内に搬入された。4月3日に奥田中学校前駅と岩瀬浜駅との間で、4月8日からは併用軌道区間を含む全線で試運転が開始された。
ライトレール港線 なお、期間限定で一部編成の車両内外に装飾を施した特別仕様として運行することがあり、過去、クリスマスにあわせて「クリスマスポートラム」、バレンタインデーにあわせて「PORT LOVE」、青編成による「夏ドキッ!PORTRAM」(2007年8月)、などが運行されている。