類似の単語または同義語 安見

三郎兵衛    0.575530

宗房    0.569927

五郎右衛門    0.558760

弥左衛門    0.556539

重次    0.553806

信房    0.553511

繁次    0.551919

彦太郎    0.551274

正友    0.550870

与右衛門    0.550568

類義語または同義語 安見

Article Example
宗房 大和国人越智氏の家臣・中村圓賀の子で、氏の養子に迎えられたといわれる。軍記物などの史料では直政(なおまさ)とされているが、古文書で確認できる名は宗房である。当初は大和国人である鷹山弘頼と共に行動しており、山城上三郡に影響を及ぼしていたことから、当初は木沢長政の配下にあり、太平寺の戦いの前に細川晴元方に転じ、その後畠山家に仕えたと推測されている(弓倉弘年・小谷利明らの研究による)。
宗房 将軍・義輝が暗殺された永禄の変が起きた際には、早々に義輝の弟である覚慶(足利義昭)の擁立の支援を求め、越後国の上杉謙信に畿内情勢を報告するなど、幕府のために働いた。またこの頃から遊佐姓を名乗るようになっている。三好三人衆と松永久秀が対立すると、畠山高政・秋高兄弟と共に久秀に味方し河内復帰を目論むも敗れている。義昭が織田信長に擁立され上洛し将軍に就任すると、高政・秋高と共にこれに従い、ようやく河内へ戻った。また「言継卿記」によればこの際に幕府奉公衆に取り立てられている。
山本 北海道札幌市出身。ベートーヴェンやドイツ文学を愛する父の影響で交響曲やドイツ・オペラやピアノ曲に親しんで育つ。当時は父の教育方針により自宅にテレビがなく、流行のポップ音楽とは無縁の少女時代を過ごす。
山本 ビートルズの訳詞を手がけたいとの思いから、青山学院女子短期大学で英米文学を専攻し、翻訳の技術を磨く。卒業後は各レコード会社の洋楽ロック担当者のもとを訪れ、レコードに訳詞を載せる必要性を宣伝し、『ビルボード』などの音楽誌の特集記事を資料用に訳す仕事を貰うようになる。1970年代以降、ビートルズの訳詞を再リリース分から手がけるようになり、1987年のビートルズのアルバムのオリジナルアルバムの初CD化時には全アルバムの対訳を担当した。以後も訳詞家として認知されるに至る。
松江 松江は若くして医学の道を志し、金沢医学所で、漢方医学を大益良吉に、西洋医学を石川孝恭に学んだ。
松江 医学所では物理学、組織学、薬剤学、病体解剖学、臨床学を学び、天文学や算術は大野弁吉に教えを受けたと言われる。
松江 その後、徳丸の自宅で開業したが、1880年(明治13年)、彼が37歳の時に石川県病院布達出願手続きが定められたのを機に、松江医院を病院に改めた。これは石川郡での病院の嚆矢とされる。
松江 松江は1886年(明治19年)、松任町八ツ矢町(現白山市八ツ矢町)に病院を移転するまでの7年間この地で診療に専念し、安茂、甚作、兵二、意之(高橋道子の祖父)の4人の弟を医師として育てた。その内末弟の意之は、松任町中町(現白山市中町)にて松江医院を開業し、意之の長男常行はその意思を継ぎ、第二次世界大戦後まで町医者として貢献した。
松江 福田与盛「名医松江の面影」
宗房 宗房(やすみ むねふさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。畠山氏の家臣。交野城、飯盛山城主。子に野尻宗泰。信国、勝之父子、右近・新七郎父子は一族であるが別流。