類似の単語または同義語 守口

門真    0.824459

寝屋川    0.805973

枚方    0.798598

交野    0.742426

東大阪    0.738359

茨木    0.730110

吹田    0.727688

豊中    0.715258

京田辺    0.698423

四條畷    0.698032

類義語または同義語 守口

Article Example
宿 宿(もりぐちじゅく)は大坂街道の宿場。現在の大阪府市本町1・2丁目、竜田通1丁目、浜町1・2丁目付近にあたる。大坂を出て最初の宿場であり、東海道五十七次として数えると最終の57番目の宿場である。
大根 主な利用方法として、名古屋名物として知られる漬が挙げられる。これは大根を酒粕で漬け込んだ漬物(奈良漬に近いもの)である。
ちょうど、深刻な医師不足だった岩手県遠野市の診療所への赴任の誘いがあり、遠野行きを決断する。遠野において自らの目指す在宅医療を実践しようとし、赴任後に様々なことで悩むが、師と仰ぐ早川との往復書簡で悩みが解消されたという。たとえば、在宅死を希望する患者を、入院させて先端医療を受けさせるべきが本人の希望を尊重させるか悩み、相談した際、「死というのは単に生の延長であり、医療行為を受けるか否かという問題ではなく、生の延長という普通のことである。」と諭された。
大根は元々、河内国(現在の大阪府市)で栽培されており、大根だけではなく野菜全般を漬けたものを漬と呼んでいた。1589年(天正13年)に村で休息を取った豊臣秀吉が、その味を称賛して地名にあやかって付けたという伝承が残っている。江戸時代になると大坂街道の宿場として宿が置かれ、同宿の名産品として漬が出されるようになった。しかし、酒粕が当時としては高級品で手に入らず少量しか作られなかった(そのため、贈答品や献上品が目的だった)ことや、明治時代以降交通ルートの変更による宿の衰退と共に、当時の漬は奈良漬に吸収する形で消えていった。
悠介 悠介(もりぐち ゆうすけ、1985年 - )は日本の脚本家。神奈川県出身。中央大学文学部心理学専攻卒業。広告代理店勤務を経て、作家に転向する。オリガミクス・パートナーズ所属。
市駅 また市駅の京都側には車庫への出入庫線のほかに京阪本線の中央部に引き上げ線が設置され淀屋橋駅 - 市間の普通が折り返しに使用していたが1980年の3月のダイヤ改正で運転区間が萱島駅まで延長されたため引き上げ線は廃止撤去され、同年6月8日に下り線も高架化され、ようやく淀屋橋-寝屋川信号所間約14kmが連続立体交差化された。
市駅 その後も付帯工事が続けられ1982年3月に竣工した。
隣接する門真市とまたがってパナソニック(旧・松下電器産業)の本社がある。
大阪市の北東部に接し、北側は淀川に面している。門真市を取り囲む形で形成されており、市域はまとまりのある形ではない。もともと低湿地帯が多く、蓮根畑が多かった。花博記念公園鶴見緑地の西半分は市である(「咲くやこの花館」は大阪市域ではなく市域に立地)。また、パナソニックの登記上の本社所在地は門真市大字門真になっているが、本社事務所は国道1号沿いの市八雲中町に立地する。
地名の由来として、豊臣秀吉による大坂城築城に伴う「まもり口」が転じて「」となったとするのは俗言である。昭和38年発刊の市史(本文編第1巻)によれば室町期には既に下仁和寺庄森口/村と2つの表記が存在しており、初期は前者の表記が多く見られる。同書は周辺から生駒山地(特に飯盛山)へ広がっていた原生林の入り口の意から生じた「森口」が、石山本願寺/大坂城との関係で軍事的意味の「」に変化したと結論している。ちなみに、大坂城築城に伴って設けられた京街道のまもり口は「関目の七曲」(現:大阪市城東区)がよく知られている。