類似の単語または同義語 学界

学者    0.605065

在野    0.594597

学説    0.580229

法曹界    0.552869

わが国    0.552112

史学    0.546090

官界    0.545084

史観    0.538903

学派    0.526832

学理    0.525851

類義語または同義語 学界

Article Example
の春 署名サイトはボイコットの理由として、雑誌の値段(高価)、販売方法(抱き合わせ販売)、政治姿勢(オープンアクセスを妨げる支持)の3つを挙げている。これに対してエルゼビアは2月3日と2月6日に声明を発表し、ダウンロード価格は10年前に比べ平均して5分の1になっており、抱き合わせは義務ではなく個別購入も可能であり、査読出版制度を弱体化させる法規への反対姿勢を表明した。
の春 の春(がっかいのはる、)は、2012年に数を中心に始まった、エルゼビア社への論文寄稿・査読・編集ボイコット運動。英語の呼称はエコノミスト新聞社(2012:文末)による。フィールズ賞受賞数学者ウィリアム・ティモシー・ガワーズ(2012)氏が自身のブログにエルゼビア社に寄稿しない理由を公開したのが発端。これを受けてTyler Neylon (n. d.) 氏が『The Cost of Knowledge』という署名サイトを立ち上げ、ボイコットが一気に拡大した。インデペンデントの2012年2月9日付ブログ記事によれば、寄稿者4700人以上の署名が集まっている。
の春 オープンアクセス出版としてはarXivやパブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス(PLOS)といった挑戦は21世紀初頭より繰り返されているが、査読がなかったり、出版料を著者が負担するなどの問題を抱えており、出版形態の刷新には至っていないのが2012年現在の現状である。
(明治) 1894年5月、北村透谷を喪った。
(明治) 1933年(昭和8年)に小林秀雄らを同人として創刊された文學界とは、題名以外に直接の繋がりはない。
(明治) 『文』は、尾崎紅葉の硯友社派、坪内逍遙の早稲田派・森鴎外の千駄木派・幸田露伴の根岸派などとは馴染めぬ、ロマン主義派の産声だった。創刊号の2500部は売り切れた。
(明治) 樋口一葉を文に仲介したのは、三宅花圃という。1893年3月、平田禿木が先ず一葉を訪ね、『雪の日』を3月号に載せた。戸川秋骨、馬場孤蝶も仲良くなり、適当に鼻の下を長くしたらしい。ただし、一葉の全作品が『文』に載ったのではない。
(明治) 創刊時の同人は、星野天知(当時31歳)・戸川秋骨(22歳)・島崎藤村(21歳)・平田禿木(20歳)らで、間もなく馬場孤蝶(24歳)・上田敏(19歳)が加わり、北村透谷(25歳)・樋口一葉(21歳)・戸川残花(38歳)、遅れて、田山花袋・松岡国男・大野洒竹らも書いた。経営・編集には星野天地が当たり、弟の星野夕影が手伝った。北村透谷が同人だったかには論があるが、初期の重要な執筆者ではあった。
(明治) 過渡的に、初め2号の誌名は『文』で、4号までの発行所は女学雑誌社で、以降、文雑誌社発行となった。創刊号の巌本の『文章道』は、同人に不評だった。
(明治) 筆者は五十音順。( )内のたとえば(1893.1)は、『西暦1893年の1月号に掲載』の意。