類似の単語または同義語 堂平山

städtebundes    0.900186

firedome    0.897796

mitsumatarenge    0.896536

dialectes    0.896467

städtetages    0.894894

アルマスタワー    0.893022

コブレチ    0.892912

rufaxilla    0.891923

ムギクサ    0.891690

yourstyle    0.891536

類義語または同義語 堂平山

Article Example
1962年に東京天文台(現国立天文台)の堂平観測所が設置されたが、2000年に閉鎖。その後しばらく観測施設は利用されていなかったが、2005年よりときがわ町星と緑の創造センターとして開所。直下のキャンプ場、林業体験施設と合わせて教育学習・体験交流施設として利用されている。
(どうだいらさん)は、埼玉県比企郡小川町、ときがわ町と秩父郡東秩父村の境界にある標高875.8mの山である。
北の笠山、北西の大霧山と並んで比企三山に数えられ、山頂には一等三角点および天測点が置かれている。山頂付近はなだらかでほぼ全方位に拓けており、見晴らしがよい。
小川町方面から笠山、七重峠を経て登るコース、ときがわ町より慈光寺を経て登るコースなどが整備されている。
また、ときがわ町方面および白石峠から車道が山頂まで伸びており、自動車で山頂まで行くことができる。
ときがわ町星と緑の創造センター 一等三角点のある標高875.8mのの山頂に位置する。
笠山 (埼玉県) 標高837m。南側の笠山峠(700m)を隔てて(876m)に連なる。北から東南にかけては関東平野に直接面しており、乳房状の山容は東京方面からもよく目立つ。別名乳房山とも呼ばれる。小川町のシンボル的存在である。
ときがわ町星と緑の創造センター すでに研究目的の天体観測施設としては役割を終えており、頂としての地形を生かした森林施設としての整備が完成し、2005年4月1日より天体観測施設から一般利用客のためのレクリエーション、森林体験及び林業体験施設へと生まれ変わった。
槻川 東秩父村白石地区の付近に源を発する。外秩父山地に平行して北流するが、坂本地区で支流の大内沢川を合流する辺りより、流れを東北東方向から東方向に向きを変える。安戸地区を過ぎると小川町腰越地区へ入り、南から北へ曲流しながら小川盆地へ向かう。小川町は槻川の清流を生かした小川和紙(細川紙)の生産地として知られている。