類似の単語または同義語 名古屋

豊橋    0.737777

大阪    0.672451

愛知    0.652874

浜松    0.652419

刈谷    0.644814

札幌    0.636727

大垣    0.635721

横浜    0.626660

神戸    0.613153

nagoya    0.612882

類義語または同義語 名古屋

Article Example
インターチェンジ 市の東端に位置し、長久手市とも隣接している。市中心部とは離れており、当ICで接続する第二環状自動車道(名二環)経由で高速、あるいは接続する愛知県道60号長久手線(東山通)で中心部と連絡する。
インターチェンジ 東名高速標準のトランペット型ICであるが、交通量が比較的多いことを鑑みてダブルトランペットとされた。シングルトランペットは接続する一般道路との連絡が平面交差によるが、ダブルトランペットは立体交差によるものである。しかし、ICの場合は市内方面との接続交通量がかなりの割合を占め、反対の長久手、瀬戸方面は少なく見積もられたことから市内方面のみ立体交差を採用した。同様の理由で、方面との接続道路は直進構造で2車線を確保、反対の長久手・瀬戸方面は1車線のループ構造とした。なお、設計時点では当IC付近は土地区画整理事業の只中で、インター以外は建物が無いという現在とは全く異なる状況であったが、土地区画整理事業における用地利用をしやすい構造とする必要もあって変則的なダブルトランペットとなった。
インターチェンジ 市全体で見ると東側に位置しており、長久手市、日進市、尾張旭市の3市との境界にも近い。
インターチェンジ 名二環入口料金所域内には、駐車スペース7台分を持つトイレが設置されている。比較的短距離利用を想定した環状道路であるにもかかわらず休憩施設が導入されたのは、名二環が当該ICに接続した1993年当時の事情によっている。現在であれば東名高速静岡方面と三重・大阪方面の連絡は伊勢湾岸自動車道経由によるが、当時の伊勢湾岸自動車道は名港西大橋区間が供用するのみで東名とは繋がっていなかった。従って、東名高速から三重・大阪方面への連絡経路として、名二環(当時の東名阪自動車道)が担うこととされたため、本来は都心部の環状道路として機能するはずの路線に長距離連絡路線としての役割が付加されたことで休憩施設が検討、導入されたものである。
略称の「名駅(めいえき)」は当駅周辺の地名となっている。乗り換えや地下街との連絡の悪さなどから、この名称をもじって「迷駅(めいえき)」という呼び名が地元で定着している。
JR東海は、東海道新幹線、東海道本線、中央本線、関西本線の各線が乗り入れている。このほか、東海道本線経由で武豊線に直通する列車や、高山本線・北陸本線・紀勢本線方面へ直通する特急列車も設定されている。
開設の翌年には駅と改称されるが、当時は「笹島ステンション」と広く呼ばれていた。
その後、東西両京を結ぶ幹線鉄道は碓氷峠など山岳地帯の工事が予想以上に難航するとみられたこと、さらに当時の区長(現在の市長格)である吉田禄在が中山道幹線ではを通過しないことになり、の衰退を招くと、東海道経由への計画変更を政府へ働きかけたこともあり、岐阜以西の幹線鉄道ルートは美濃路・東海道経由に変更され、は東海道幹線上の駅とされることとなった。またこの吉田により、駅の近くを通り、駅と市街地を結ぶ道となる広小路通も拡幅され、後の1898年(明治31年)には京都電気鉄道に次いで日本で2番目の路面電車となる電気鉄道(→市電)がこの通り上へ開通している(笹島 - 県庁前間)。
1937年(昭和12年)には高架化工事が竣工し、駅は北へ200mほど移転し、駅舎は地上5階(一部6階)・地下1階の鉄筋コンクリート製の堂々たる建物に改められた。この駅舎は、セントラルタワーズの建設工事が始まる1993年(平成5年)10月まで使用された。
以下は2016年3月26日改正時の内容。