類似の単語または同義語 合衆国

アメリカ    0.647872

米国    0.636671

連邦    0.602958

アメリカ合衆国    0.602154

西半球    0.585954

リベリア    0.579937

コモンウェルス    0.564940

各州    0.555884

カナダ    0.552131

イギリス    0.546868

類義語または同義語 合衆国

Article Example
ヨーロッパ 「ヨーロッパ」という用語は、ヴィクトル・ユーゴーが1849年にパリで開催された国際平和議会で行ったスピーチに登場する。ユーゴーは統合に前向きであった。「いつの日にか、我々の大陸にある国家がみな一つのヨーロッパとして連合を形成する日が来るだろう...」と語っている。
ヨーロッパ 第一次世界大戦の大災害を経験し、一部の思想家は再びは、統一されたヨーロッパについての考えを提案した。
アフリカ アフリカ(アフリカがっしゅうこく、United States of Africa)は、アフリカを統一国家とする構想。クワメ・エンクルマやムアンマル・アル=カッザーフィーなどから提唱されていた。現在、アフリカ連合において議論されている。
アフリカ リビアの最高指導者であったムアンマル・アル=カッザーフィーは、アフリカの建国を熱心に目指してきた政治家で、アフリカの更なる統一を目指し、アフリカ統一機構をアフリカ連合へ発展・改組すべく尽力した人物でもある。アフリカ連合の総会にて、通貨やパスポートの早期統一を訴え続けた。しかし、国内に多くの問題を抱えるアフリカ諸国が多い中で、アフリカ連合も欧州連合(EU)型の統合を目指したものの、アフリカ連合としての強い政治的な意思や結束力に欠ける面が多い。カッザーフィーは、早期の統一国家の建国を目指したが、状況が整っていないとの意見や主権の侵害などを心配する意見などの消極的な意見が多く、極めて困難である。そのカッザーフィーも2011年リビア内戦でこの世を去っている。その後はジンバブエの大統領ロバート・ムガベがプロジェクトに興味を示している。
アフリカ 2008年、カッザーフィーの特使として来日し、福田康夫首相(当時)に大佐からの親書を渡したシアラ副外相は、親書の中で、アフリカの構想を日本が支持すれば、リビアの油田鉱区の開発権益などを日本企業に開放する考えを示した。
コロンビア コロンビア()は、今日のコロンビア、パナマそしてブラジルとペルーの各一部地域で形成されていた国家。
United Statesとは、複数のState(州、国、邦)の連合体を意味し、現代の日本語に直訳すれば「連合諸州(諸国・諸邦)」、意訳すれば「連邦」のような意味合いとなる。しかしながら、江戸時代末期(幕末)以降、現代に至るまで日本の政府・社会一般では一貫して「」を用いている。「連邦」の語はFederationの訳語として当てることが多い(ロシア連邦、セントクリストファー・ネイビス連邦など)。
「合衆」(がっしゅう)は幕末から明治初期に日本で発案された訳語で、本来的な意味としては「共和制」(Republic=君主のいない、民衆から元首を選ぶ制度)、ないしは「民主主義」(democracy, democratic) の古い訳語(前身)であり、そもそも"United States"の直訳語ではない、とする説。「合衆制度により治められる国」の意となる。由来は周礼・春官大宗伯の「大封之禮、合衆也」から。この説によれば、中国語へも日本語から輸出されたこととなる。高島俊男はこの説が正しいとしており、「合州国」の誤記説を唱える本多勝一を批判している。
ベルギー ベルギー(, )は、1790年1月から12月まで存在した南ネーデルラントの連邦で、ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世に対する反乱を起こし、短期間存続した国家である。英語では、"United Belgium States"、"United Belgian States"、"United Netherlands States"とも記述され、日本語ではベルギー連合国とも記述される場合もある。
ベルギー 1789年、皇帝の中央集権的政策に対しての抵抗として、オーストリア領ネーデルラントにおいて反乱が発生した。2つの派閥が発生し、1つは「シュタティスツ」(Statists)であり、改革に反対した。1つは「フォンキシュツ」(Vonckists)で最初は改革に賛成したが、その後、改革の開始と実行がうまく行っていないことから反対に移った。