類似の単語または同義語 台湾

中国    0.753077

香港    0.746817

韓国    0.723461

中華民国    0.695463

台北    0.688910

澳門    0.672883

臺灣    0.669147

中華人民共和国    0.655213

taiwan    0.634996

広東    0.633687

類義語または同義語 台湾

Article Example
とあり、『孫権伝』には、
二年春正月,魏作合肥新城。詔立都講祭酒,以教學諸子。遣將軍衛溫、諸葛直將甲士萬人,浮海求夷洲及亶洲。亶洲在海中,長老傳言:秦始皇帝遣方士徐福將童男童女數千人入海,求蓬萊神山及仙藥,止此洲不還。世相承有數萬家,其上人民。時有至會稽貨布,會稽東縣人海行,亦有遭風流移至亶洲者。所在絕遠,卒不可得至,但得夷洲數千人還。
このような名称の変遷を経て、清朝がを統治し始めた後に、原住民の言語を語源とするが使われるようになった。
民間貿易以外に台北国際金融センタービルや高速鉄道(新幹線)の建設など、の主要公共事業も日本企業によるものがあり、経済における日本への依存は大きいものがある。また日本企業による進出以外にも、古くは衣料業関連、現在では電子工業関連を中心に日本進出を果たす企業もある。
都市部では市内バス路線が整備されている。以前は旧型車両が多用され、慢性的な市内渋滞や乗客の乗降がスムーズでないなどの理由で利用頻度は高くなかったが、近年は台北市を中心に新型車両への更新、バス専用レーンの設置などで輸送能力に大幅な改善が見られ利用者も増加傾向にある。
またかつては34路線の軽便鉄道として糖業専用鉄道があったが、1980年代にそれらの旅客営業は全廃された。林業鉄道は1914年開業の阿里山森林鉄路が現在も運行されている。
の航空会社としては、日本では成田空港や中部国際空港、福岡空港などに乗り入れているチャイナエアライン(中華航空)が有名であるが、最近では成田空港や関西国際空港、仙台空港などに乗り入れているエバー航空(長栄航空)も日本に浸透してきている。これらの航空会社以外にも、立栄航空やマンダリン航空(華信航空)などがある。なお、立栄航空はエバー航空(長栄航空)の子会社、マンダリン航空はチャイナエアライン(中華航空)の子会社である。
国際空港としては、桃園国際空港、高雄国際空港、台中空港(中部国際空港)があり、最近では、花蓮空港を国際空港に昇格させる計画もある。
地域の住民は、混血民族と中国系に大別される。原住民族は平地に住んで漢民族と同化が進んだ「平埔族」(ケタガラン族、パゼッヘ族、バブザ族など)と高地や離れ島に住む「高山族」14民族(アミ族、タイヤル族、パイワン族、ブヌン族、プユマ族、ルカイ族、ツォウ族、サイシャット族、タオ族、サオ族、タロコ族、クバラン族、サキザヤ族、セデック族。クバラン族とサオ族は平埔族に分類されていたこともある。なお、「高砂族」は日本統治時代の呼び名)に分かれる。の漢民族は、戦前(主に明末清初)からに居住している本省人と、国共内戦で敗れた蒋介石率いる国民党軍と共にに移住した外省人に分かれる。本省人がで85%を占めており、本省人は福建(南)系と客家系に分かれる。外省人13%、原住民2%(タイヤル、サイシャット、ツォウ、ブヌン、アミなど14民族)。
の人口が増えて2千3百万人を超えたため、人口密度は650.42人/km(2017年1月末統計)、人口密度が1千万人以上の国では世界2位になった。