類似の単語または同義語 南アフリカ

オーストラリア    0.787533

ニュージーランド    0.715247

ナミビア    0.689891

ヨハネスブルグ    0.684531

カナダ    0.675712

ケニア    0.673997

ボツワナ    0.671284

ナイジェリア    0.670685

ジンバブエ    0.667730

カメルーン    0.657291

類義語または同義語 南アフリカ

Article Example
アフリカ航空 アフリカ最大の航空会社で、かつアフリカで最も歴史の長い航空会社でもある。拠点はアフリカ共和国のヨハネスブルグにあるO・R・タンボ国際空港である。スターアライアンスの加盟航空会社で、独自のマイレージプログラム「ボイジャー」を運営している。
アフリカ航空 1957年には英国海外航空からリースしたデ・ハビランド DH.106 コメットでオーストラリア線を開設したほか、リオ・デ・ジャネイロ経由でのニューヨーク線を開設した。
アフリカ航空 さらに1964年には、アフリカ政府は国際民間航空機関(ICAO)から脱退し、その国際的孤立がさらに進んでいった。
アフリカ航空 このような長距離路線はその後導入されたボーイング707によって運航され、一部はカーボベルデ共和国やモーリシャスなどの、アフリカと友好関係を持っていた数少ないアフリカ周辺諸国の空港を経由またはテクニカルランディングして運航されていた。
アフリカ航空 また、就航を禁止していた複数のヨーロッパ諸国も乗り入れを解禁したことから飛躍的にその就航地を増やし、ニューヨーク線も再就航した。同時に各国の航空会社とのコードシェア便も開始された。
アフリカ航空 その後塗装を一新して、1997年には新国旗の色を元にしたデザインに変更した。スターボードのアフリカーンス語の表記を廃止して、国内線の機内ではズールー語やソト語でのアナウンスも開始された。また、2004年にはアフリカがICAOに復帰し、2006年には同社が世界最大の航空会社連合であるスターアライアンスに加盟し現在に至る。
アフリカ航空 ただし、スターアライアンス加盟後の2007年4月22日から、先行加盟航空会社だった全日空の成田-香港便と関空-香港便のうち各往復1便ずつがアフリカ航空とのコードシェア便となった。これにより、成田と関空のいずれからでも香港経由でヨハネスブルグまで行けるようになった。週7便のデイリー運航。
アフリカ航空 アフリカ航空の機材は以下の通りである。
アフリカ大学 ロバート・ムガベ - ジンバブエの大統領
ポスト (アフリカ) ポスト()は、アフリカ共和国の新聞である。