類似の単語または同義語 レソト

スワジランド    0.880652

ボツワナ    0.831775

赤道ギニア    0.822095

ブルンジ    0.813056

ギニアビサウ    0.806215

ブルキナファソ    0.804864

ベナン    0.801187

セーシェル    0.797902

カーボベルデ    0.790272

ザンビア    0.789961

類義語または同義語 レソト

Article Example
レソト レソト王国(レソトおうこく、ソト語: 、)、通称レソトは、アフリカ南部に位置する立憲君主制をとる国家。イギリス連邦加盟国のひとつで、周囲を南アフリカ共和国に囲まれた世界最南の内陸国でもある。首都はマセルで、1966年にイギリスから独立した。非同盟中立を宣言している。
レソト 行政執行権は、首相を長とする内閣が行使する。議院内閣制。
レソト レソト王国議会は二院制である。上院は、全33議席。22人の主要部族長と下院の支配政党が指名する11人が上院議員となる。下院の議席数は、2001年の法改正により80議席から120議席に増やされた。そのうち80を小選挙選挙で、40を比例代表制選挙で選出する。任期5年。
レソト 失業率は40%以上である。
レソト レソト」とは「ソト語を話す人々」という意味である。
レソト レソトは、周囲を南アフリカ共和国に囲まれた内陸国である。いったん周囲の南アフリカ共和国を経由しないと行き来できない地域すらあるため、「アフリカのスイス」「南部アフリカの屋根」とも言われている。
レソト 全土がドラケンスバーグ山脈の山中に位置するため、平地が一切なく、全土の標高が1400mを超える。最高峰は、タバナントレニャナ山であり、標高3482mはアフリカ大陸南部の最高峰でもある。主要河川は、南アフリカ共和国との国境付近に源流があり、国土を縦断した後、南アフリカ共和国とナミビアを経由して大西洋に注ぐオレンジ川。レソトの最低地点はオレンジ川が南アフリカ共和国に流れ出す南西部にある。
レソト レソトの最上級の地方行政単位は、10ある県である。
レソト 近年は、観光業にも力を入れており、主に欧州からの保養客を受け入れている。アフリスキーではスキーも楽しめる。
レソト 国民の99.7%が、バントゥー系のソト族である。レソトの国民は、単数形では、モソト (Mosotho)、複数形では、バソト (Basotho) と呼ばれる。