類似の単語または同義語 ライダーフォーゼ

ライダークウガ    0.764137

ライダーアギト    0.756771

ライダーキバ    0.746049

ライダーエグゼイド    0.734487

ライダーアマゾンズ    0.725344

ライダーエターナル    0.723486

ライダーディケイド    0.714415

ライダーファイズ    0.712794

ライダーゼロスペクター    0.703149

ライダーウィザード    0.698211

類義語または同義語 ライダーフォーゼ

Article Example
仮面ライダーフォーゼ 第1作『仮面ライダー』が放送されて丸40年目に当たる年に放映が開始された本作品は、後述するようにシリーズを意識した設定がなされている。テレビシリーズ以外での他の仮面ライダーシリーズとの関連は、#他媒体展開を参照。スタッフは、「テレビシリーズでの『過去の仮面ライダー』との共闘は『仮面ライダーディケイド』で行ったので、極力別の路線で制作したい」と発言している。
仮面ライダーフォーゼ 「黄道十二星座(ゾディアック)」と「宇宙飛行士(アストロノーツ)」を掛け合わせた造語。
仮面ライダーフォーゼ 学園理事長である我望を司令塔とし、基本は対等であるもののメンバーの間には微妙な格差が存在する(リブラはスコーピオンより格上である、など)。理事長室の赤い壁と天井に星空が広がる隠し部屋を本拠地にしており、活動には財団Xによる資金援助を受けていることが明かされている。
仮面ライダーフォーゼ 物語開始時点で存在していたメンバーはリブラ・レオ・ヴァルゴ・スコーピオン(速水、立神、江本、園田)の4体(4人)のみで、劇中にて残りの使徒が相次いで覚醒している。彼らの目的は自分たちと同様にラストワンを超越した十二使徒となりうる存在を覚醒させることで「十二使徒」で構成されたホロスコープスを完成させ、我望の提唱する人類の救済計画「覚醒の日」を実現することである。そのため、覚醒する可能性を持つ生徒にゾディアーツスイッチを提供し、彼らの「個性」に応じたスイッチの進化を観測している。彼らが生徒にスイッチを手渡す際「宇宙に夢を、星に願いを」と対象などに呼びかける。その最終目的は覚醒を果たした12個のスイッチによりコズミックエナジーを制御し、ザ・ホールにダークネビュラを発生させ、我望をプレゼンターの下にワープさせることであることが速水の口から言及されている。物語後半で、彼らの計略によるフォーゼを利用した天高都市へのコズミックエナジーの一極化と、リブラの超新星「ラプラスの瞳」覚醒が果たされた結果、確実にホロスコープス候補を特定し、覚醒させることが可能な状態となった。
仮面ライダーフォーゼ 番組企画段階では、「全員の正体が女性教師」という設定で進められており、変身アイテムもスイッチではなく女性用アクセサリーを介して姿を変えるものだった。そのため初期の四幹部には各自が女性ものの装飾品を身に付けている。
仮面ライダーフォーゼ 朔田流星がメテオドライバーとアストロスイッチを使用し、コズミックエナジーからマテリアライズ(物質化)したスーツを纏って変身する仮面ライダー。本来の名称は単に「メテオ」で、自ら名乗ることもなかったが、仮面ライダー部の部員達が「仮面ライダー」と呼んだことで仮面ライダーメテオと名乗るようになった。
仮面ライダーフォーゼ 平成仮面ライダーシリーズ第13作にして、仮面ライダー生誕40周年記念作品。
仮面ライダーフォーゼ やがて、そんな弦太朗の人柄に触れることで彼と友情を交わした隼、美羽、友子、JK、そして賢吾を加え、仮面ライダー部と弦太朗=仮面ライダーフォーゼの学園の平和を乱すゾディアーツとの戦いと青春の日々が始まった。
仮面ライダーフォーゼ 個別名称は基本的に「(星座の英名)・ゾディアーツ」(オリオン・ゾディアーツ、リブラ・ゾディアーツなど)となっている。
仮面ライダーフォーゼ 当初は、複数話にかけて登場する者ばかりだったが、アリエス・ゾディアーツの登場以降に登場するホロスコープスの大半はゲスト怪人として登場した。