類似の単語または同義語 ヨハネスブルグ

プレトリア    0.843552

ヨハネスブルク    0.841632

ケープタウン    0.840455

ダーバン    0.775130

ブルームフォンテーン    0.765397

クライストチャーチ    0.734253

タウンズビル    0.730994

ハボローネ    0.724843

ポロクワネ    0.722627

ブリスベン    0.722494

類義語または同義語 ヨハネスブルグ

Article Example
ヨハネスブルグ ヨハネスブルグ(、、、南アフリカ英語: 、)は、南アフリカ共和国ハウテン州にある都市(都市圏)、同州の州都である。同国最大の都市であり、人口は2011年で約443万人。2011年の近郊を含む都市圏人口は755万人であり、同国第1位、アフリカでは第4位である。
ヨハネスブルグ アフリカを代表する世界都市の一つであり、2016年に発表された「世界の都市総合力ランキング」では、世界42位と評価された。また、アメリカのシンクタンクが2016年に発表した世界都市ランキングにおいて、世界60位と評価された。都市のGDPは1100億ドルで、南部アフリカ第1位である。アフリカ最大の証券取引所であるJSEの所在地でもあり、アフリカ最高の金融センターと評価されている。ヨハネスバーグとも表記される。
ヨハネスブルグ この結果として19世紀末から20世紀初頭にかけて戦われたボーア戦争において、イギリスはボーア人に勝利して金鉱をおさえた。その後、イギリス人とボーア人は和解、黒人の権利を踏みにじり鉱山労働などで酷使するアパルトヘイト政策(1948年〜1994年)を施行した。
ヨハネスブルグ 2002年、「持続可能な開発に関する世界首脳会議」が開催された。これは、1992年にリオデジャネイロで開催された地球サミットを受けたものである。この国際会議において、「持続可能な開発に関するヨハネスブルグ宣言」が出された。
ヨハネスブルグ このように極端に治安が悪い地域があったため、2010年FIFAワールドカップでの治安問題から開催時の犯罪が不安視されていたが、実際にはワールドカップ開催中に起きた観光客への犯罪被害は、スリや置き引き、そして観光客同士の喧嘩による負傷者は出たものの、犯罪による死傷者・負傷者はゼロであった。
ヨハネスブルグ 新大陸の都市としては網の目のようにメトロレールという屈指の近郊列車網が敷かれているが、治安の問題がある。一方、2010年に開通した空港や市内のサントン地区、プレトリアを結ぶ近郊列車のハウトレインは外国人でも安全に利用できる。
ヨハネスブルグ またジェフリーズベイと呼ばれる世界屈指のサーフポイント。世界大会(WCT)も毎年行われている。またSAテニスオープンも開催されている。
ヨハネスブルグ 英語読みだと「ジョウハニスバーグ」、アフリカーンス語読みだと「ヨハネスブルフ」となる。略称として、Jozi、Joburg、Joni、eGoli、Joeys、Jhbなどが用いられている。
ヨハネスブルグ アパルトヘイト統治時代、市内はアフリカーナー(ボーア人)とイギリス系が住む白人居住区と、アフリカ系やカラードなど有色人種が住む黒人居住区に分断され、黒人の白人居住区への立ち入りを厳しく制限した。殊に、1959年のバントゥー自治促進法の公布にあたっては、ヨハネスブルグにおいてもアフリカ人居住地域ソフィアタウンが取り壊され、約6万人の住民が市域南部のソウェトに強制移住させられた。白人居住区にはさまざまな優遇政策が実施され、ソウェトの住民の不満は高まっていった。1976年に至り、学生を中心としたアフリカ系住民による大規模な暴動(ソウェト蜂起)が勃発、国内外に波紋を投げかけることとなった。この事件を一つの契機としてアパルトヘイト政策は曲がり角を迎え、1993年にようやく全面廃止されるに至った。
ヨハネスブルグ なお、ヨハネスブルグは自称ながら「世界一雷の多い街」と呼ばれる。