類似の単語または同義語 ヤワラー

プルーンチット    0.847792

ハタール    0.845863

ウィッタユ    0.845658

ゾンネンアレー    0.816474

ボルンホルム    0.816454

西橘    0.805942

ラッチャダーピセーク    0.793615

グラシエール    0.792969

フォブール    0.792301

wilhelmstraße    0.791363

類義語または同義語 ヤワラー

Article Example
ヤワラー通り ヤワラー通り(Yaowarat Road)またはヤワラート通りは、タイのバンコク・サムパッタウォン区にある道路。フワランポーン駅の西側に広がるチャイナタウンを代表する通りで、逆にチャイナタウン地区のことをヤワラー地区とも言う。
ヤワラー通り 金細工を売る金行と呼ばれる店や、ツバメの巣やフカヒレなどの珍料理を出すレストランが軒を連ねている。
ヤワラー通り また、カオサン通りが開発されるまでは安宿街として有名であった。
アジアのチャイナタウン タイの華人は総人口の約10%にのぼると言われ、特に首都バンコクでは人口の約半数が何らかの形で華人の血を受け継いでいるとされる。タイ最大のチャイナタウンはバンコクのヤワラー通りである。フワランポーン駅の西側、ヤワラー通りに沿って金行、中華料理店、露店などが並んでいる。
サムパッタウォン区 このエリアは古くから中国系タイ人のエリアである。中国系タイ人は当初はプラナコーン区に住んでいたが、首都となった時に移住してきた。サムパッタウォン通りはヤワラー通りができる1892年まで、この地区のメインストリートであった。
サパーンタークシン駅 タークシン橋と平行に、サートンタイ通りとサートンヌア通りに挟まれた高架駅で、チャオプラヤーエクスプレスのサートン船着場が真下にあり、チャオプラヤー川観光の拠点になる。なお、船は渋滞がないのでカオサンやヤワラーに行く時に便利である。また、シーロム線の終着駅であったが、2009年5月15日にウォンウィアン・ヤイ駅まで延長されたため、途中駅となった。