類似の単語または同義語 モーリタニア

ブルキナファソ    0.816564

ギニアビサウ    0.805326

モザンビーク    0.800802

ブルンジ    0.795759

ギニア    0.795222

シエラレオネ    0.791320

ソマリランド    0.777852

セネガル    0.777720

赤道ギニア    0.774904

ニジェール    0.772038

類義語または同義語 モーリタニア

Your secret weapon. Online courses as low as $11.99

Article Example
モーリタニア 大西洋沖の西にはカーボベルデが存在する。
モーリタニア ガーナ王国滅亡後、500年以上にわたってベルベル人の支配が続き、黒人からなる地元勢力が抵抗したが、打倒にはいたらなかった。最後の大規模な抵抗は1644年から1674年にわたって行われた戦争であるが、これも地元勢力の敗北に終わった。
モーリタニア 20世紀初めにフランスによって植民地化され、フランス領西アフリカの一部となった。
モーリタニア 2005年8月にはタヤ大統領不在時に軍部が無血のクーデターにより政権を掌握した。その結果「正義と民主主義のための軍事評議会」が設置され、現在民主化プロセスを進展中。2006年6月25日には憲法改正国民投票が実施され、有効投票の約97%が改正を承認。政権交代の原則が公認される。11月から12月にかけて国民議会・地方議会、2007年1月に上院議会のそれぞれの議員選挙が行われた。2007年3月11日に大統領選挙第1回投票が行われ、3月25日に決選投票が行われた結果、スィディ・ムハンマド・ウルド・シェイク・アブダライ元水産相が新大統領に選出された。
モーリタニア 外交面では非同盟を軸として穏健中立を貫くとともに、フランスを始めとする先進諸国との関係強化を進めている。アラブ・マグレブ連合(AMU)のメンバーとしてイスラム諸国との域内協力に積極姿勢を示す一方で、1999年10月にはイスラエルとの外交関係を樹立した。
モーリタニア ベルベル人とアラブ人の混血である、イスラム教徒のムーア人(モール人)が社会の上層を占める。ムーア人と黒人が対立する構図は、独立後も続いている。
モーリタニア モーリタニアは12の州と首都ヌアクショットに分かれている。
モーリタニア 独立以前は牧畜や南部の農業等しか産業が存在しなかった。1960年の独立以降、天然資源(鉱業、農業、漁業、牧畜)の開発と有効利用を中心に経済・社会の発展が図られ、特に漁業と鉱業の発展は著しかった。1980年代に入ると中小規模の産業も生まれ、今日のグローバル化の厳しい競争環境の中で生き延びている。外貨収入は水産物(タコ及びイカ)及び鉄鉱石、銅の輸出に依存してきたが、2006年2月からChinguetti海上油田の生産を開始し、他の油田も開発途上で、モーリタニアの経済・社会発展は強化されつつある。収入源となる新しい経済部門を得たことは、今後、経済の再活性化、多様化につながると見られている。
モーリタニア 2005年9月に「採掘産業の透明性イニシアティヴ(ITIE)」に参加し、「石油収入国家基金」を法により設立し、石油から得た収入を全額基金に振り込むことを決定した。基金は国外の銀行に設けられ、国際監査を受ける。政府は、モーリタニア石油資源管理に大きな特権を有する国営石油会社「モーリタニア炭化水素公社 Société Mauritanienne des Hydrocarbures(SMH)」も設立した。
モーリタニア 国民の40%がムーア人(アラブ人とベルベル人の混血)と黒人の混血、あとの30%ずつがムーア人と黒人である。黒人諸民族は、人口の7%を占めるウォロフ人のほか、トゥクロール人、、セレール族、ソニンケ族、プル人などが居住する。多年のムーア人支配の影響で、社会の上層部はムーア人が占める。アラブ人には遊牧生活を営むベドウィンも存在する。