類似の単語または同義語 メルトリア

イブキニュースター    0.965652

städtetages    0.964499

unterstützung    0.964300

firedome    0.963595

städtebundes    0.963110

シノサット    0.962130

landkreise    0.961900

オーデュロイ    0.961826

rsca    0.961469

セイントセ    0.960793

類義語または同義語 メルトリア

Article Example
宇宙戦艦ヤマト2199 鉤括弧内の艦種は地球側による識別で、ガミラス側とは一部異なっている。識別の基準はヤマト竣工前後で変化していると設定されているが、それに関して劇中での描写はなく、資料上でも明記されているのはメルトリア級のみである。
白色彗星帝国の戦闘艦 劇中では、第11話冒頭でドメル艦隊と交戦した艦隊の構成艦として1隻登場。しかし艦隊はドメル艦隊の電撃戦の前に総崩れとなり、周囲にいた艦艇がほぼ全て爆沈。残った本艦も最後にメルトリア級航宙巡洋戦艦の砲撃で撃沈されている。なお、撃沈される寸前に攻撃機が1機発艦しているが、発艦後の消息は不明。
ガミラス帝国の戦闘艦 形状はガイデロール級に類似している(艦体中央部は完全に同一)が艦首と艦尾が伸びている。ガミラス軍艦艇特有の目玉状の発光部は、艦舷中央部の下方(艦首魚雷発射管の下部)に存在する。また、ガイデロール級より尖った艦首には開口部が存在しない。艦尾の推進ノズルは、ガイデロール級と同じ小判形ではなく、他のガミラス艦に一般的な円形である。艦橋の形状もガイデロール級とは若干異なり、大型になっている。艦尾の形状はメルトリア級に類似したものとなっている。
駆逐型デストロイヤー艦 諸元は全長270メートル、全幅63メートル、全高68メートルに設定されている。デザイン面では細部のディテールアップと、舷側の3連装砲郭が三門セットではなくなっているなどの変更がある。上述の「目」の部分は巡航時は薄緑色で、戦闘時のみ旧作同様のグラデーションがかかった色に発光する。これは、他のガミラス艦にも共通する特徴である。また、航行する際には、メインエンジンのノズルが後方から見て時計回りに回転する。艦橋が2つ存在し、放射状窓の部分が第一艦橋、その下の縦スリットの部分が第二艦橋である。第一艦橋内の形状は、メルトリア級やケルカピア級と同一となっている。