類似の単語または同義語 ミニコンピュータ

ワークステーション    0.830358

マイクロプロセッサ    0.822849

オフィスコンピュータ    0.807980

fpga    0.806685

vax    0.797289

risc    0.787294

マイクロコンピュータ    0.786576

cisc    0.785847

univac    0.784974

ファミリ    0.771060

類義語または同義語 ミニコンピュータ

Article Example
ミニコンピュータ 小さめのミニコン本体で家庭用冷蔵庫の半分くらい、大きめミニコン本体では家庭用冷蔵庫よりも大きいものもある。磁気テープ装置、拡張ハードディスク、各種入出力装置などを加えると、より大規模になる。
ミニコンピュータ 最も小型のもの(マイクロコンピュータ)まで並べたとき、ちょうど中間に位置するマルチユーザーコンピュータを指した。現在では、"mini"という用語が使われることは少なく、ミッドレンジシステム(IBMでの用語)やワークステーションあるいはサーバと呼ぶ。
ミニコンピュータ 日本ではオフィスコンピュータ市場が発達した。
ミニコンピュータ 1970年代後半に登場した、32ビットアーキテクチャの高性能・高機能なミニコンは「スーパーミニコンピュータ(スーパーミニコン)」と呼ばれた。
ミニコンピュータ トランジスタ技術と磁気コアメモリ技術の使用によって可能になった「小さな」第3世代コンピュータを定義するために、「ミニコンピュータ」という用語が1960年代に登場し発展してきた。この用語は同時期のミニスカートや小型自動車(ミニカー)などと共に欧米で流行した。その形状は1つから数個の大型冷蔵庫程度のキャビネットで構成されている。一方、当時のメインフレームは部屋全体を占めるほどのサイズであった。最初に商業的に成功を収めたミニコンピュータはDEC社の12ビットのPDP-8であり、1964年に16,000ドルで発売された。
ミニコンピュータ ミニコンピュータの凋落は、安価なマイクロプロセッサベースのハードウェアの登場と、安価で容易に展開可能なLANシステムの登場によるものと言える。エンドユーザーは柔軟性のないミニコンピュータ業者や「データセンター」と呼ばれるIT部門への依存を嫌ったのである。結果としてミニコンピュータとダム端末は、1980年代後半にワークステーションとPC/AT互換機をネットワーク接続したシステムに置換されていった。
ミニコンピュータ コンピュータがまだ黎明時代を過ぎたばかりの1960年代では、コンピュータという言葉はメインフレームのことを指していた。メインフレームは運用に大規模な設備を必要とする大型コンピュータであったが、これに対して研究室や設計室のような環境でも運用利用できる小型のコンピュータをミニコンピュータ (ミニコン) と呼んだ。
ミニコンピュータ ミニコンピュータは欧米では単に "mini" とも呼ばれた。様々なコンピュータを最も大型なもの(メインフレーム)から
ミニコンピュータ パーソナルコンピュータやサーバのCPUやオペレーティングシステムは、物理的にもアーキテクチャ上もミニコンピュータの特徴を受け継いでいる。
ミニコンピュータ 日本では、通信制御やプラント制御用としてよく用いられていた。日本の代表的なミニコンピュータには以下のものがある。